あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

FF 30th 別れの物語展

gahalog.2chblog.jp

 

FF10-2の続編ストーリーが出る…とは発表されてませんが、HD版のFF10についていた付属のボイスドラマで成長したティーダとユウナなどが登場していたようですが、1月22日より開催される「FF 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」にてついにこの成長後ティーダ&ユウナの御姿を拝見できるようです。

 

www.finalfantasy.jp

 

FFが30周年記念というわけでコラボグッズやイベントが各地で開催されていましたが、今回のこれは「別れで括る回顧展」と題して、FFシリーズのストーリーにおける「別離」にフォーカスをあてた展覧会のようです。

 

確かにFFシリーズのストーリーで起きる別離というものは物語での根幹部分にかかわるものが多かったですね。

 

FF4のパロムとポロムの決死のブレイクはセシルたちを否応なしにゴルベーザたちとの戦いに向けさせる重要なイベントだったし、FF5では仲間でありバッツたちをいわば導いてきた暁の戦士ガラフが死んだことで物語は新たな局面を迎えたし、FF7のエアリスの死(=セフィロスの顕現)は迷うクラウドを変えるひとつの契機になりました。

 

ティーダとユウナ、つまり言えばFF10での別離とはまさにエンディングでのふたりのあのシーンに他ならないのが、今回のイラスト展示のきっかけにもなったんじゃないかと思います。

 

FF10はゲームを開始するとほとんど同時にティーダ「最後かもしれないだろ? だから、全部話しておきたいんだ」というボイスムービーが入りますが、このセリフがあまりにも重たい意味を持つものだというのはエンディングで、そしてそのあとで、FF10-2になってからもなお継続されるプレイヤー心理。

 

 

ついついスピラの対立抗争や召喚獣、夢のザナルカンドなどの世界観に目が行ってしまいがちですが、これは実際のところ壮大な悲恋話だったという悲しみがエンディングのずっとあとまで引きずってしまいますが、それがもしかしたら今後、FF10-3というウワサが実現すれば新たなストーリーとして生まれ変わるかもしれません。

 

もっとも、ゲームという形であればティーダとユウナのその後だけを描いたのでは終われないのでそれなりにRPGまたは別のジャンルとしても体裁が取られるとは思いますが……まさか映像作品なんてオチは、、? まあそれでも見たいんですけどね。

FF7がリメイクやクロスオーバーであらゆる発展を遂げたように、FF10が今度は新しいシリーズになるのか、楽しみなところ。

 

この回顧展そのものもとても面白そうなので行ってみたいなあ。

 

Yahooのオンラインクレーンゲームの話(そして一発ゲットした話)

なんとなくYahooニュースを眺めていたとき、ふと広告に目が止まって見てみるとYahooゲームにタイトーのオンラインクレーンゲームというものがあるというのをなんと初めて知りました。

 

games.yahoo-net.jp

 

どうやらオンラインでクレーンゲーム(ブラウザゲームみたいなもの)を操作して、見事ゲットできると自宅まで配送してくれるというサービスらしい。

 

確かに近所にゲーセンがない人にとってすればオンラインでクレーンゲームしてさらに景品発送までしてくれるなんて素敵すぎるお話とは思います、思いますが……私のような「現場でクレーンして取るからこその達成感!」といううるさい世代からすれば、これどーなの、っていう疑問符だらけ。

 

f:id:tarlate260:20180120054406p:plain

 

ならばやりましょう、やって確かめましょう。

 

Yahooにログインして規約を読み、スタートボタンを押すとさながらブラウザゲームのようにしてクレーンゲームが起動します。

さらにTC(チケット)を課金で購入します。これは最低金額が540円(税込)、最高金額で32,400円(税込)とのこと。YahooサービスなためかTポイントが使えるのでポイントを使って540円を購入。5000TCになりました。

 

 

f:id:tarlate260:20180120054500p:plain

 

ルールを読んでみるとパソコンだけでなくスマホでもこのオンラインクレーンゲームは遊べるようで、本当に新しい形のゲーセンなんだなあと改めて感心。

ゲーセンはサービスそのものは良くても地域や場所によってあまりガラが良くないこともありますので、これなら小さい子供や女性でも楽しく遊べそうですね。

 

f:id:tarlate260:20180120054639p:plain

 

なるほど、実際の店舗でのクレーンゲームのように先にやっている人がいる場合は順番待ちということで予約をしないといけないらしい。このあたりもなかなかリアリティあります。

閲覧中やプレイ中の人数はちゃんと表示されていてリアルタイムで様子が確認できるのも面白い。

 

f:id:tarlate260:20180120054742p:plain

 

アームの動作は店舗の筐体で見かけるものとほとんど同じですね。時間制限のなかで自由にいくらでも動かして良いというルール。もちろん時間が余っていてもキャッチボタンを押せば取りに行ってくれます。

 

f:id:tarlate260:20180120055052p:plain

 

お試しプレイなのでとりあえずおそ松さんで行きます。次男次男。

ピンポン玉をこのタコ焼き機みたいな入れ物の銀色部分に入れればゲットというルールです。これも実際よくあるクレーンゲームですね。

 

f:id:tarlate260:20180120055622p:plain

 

プレイ中の人はいなかったのでそのままスタート。

開始後にさらにもう一度ボタンを押さないとスタートしないというようにワンクッション置いてくれるのは親切設計。

 

f:id:tarlate260:20180120055800p:plain

 

ちゃんと前と横とでカメラがあるのはありがたいのですが、このタイプではほとんど前後にしか動かない上にピンポン玉が入れられているボウルがある場所も狭いので、一番奥までアームを動かしてキャッチするしかありません。w

 

f:id:tarlate260:20180120060120p:plain

 

まあお遊びだし……と適当にやっているとひとつだけピンポン玉をアームがキャッチしていたので、おお?と見ていると見事に銀皿にワンバウンドしながらすぽっとはまってくれまして、どうやらゲットしたらしい……!?!?

まじで一発でゲットするとは思わなくて、ここまでの全体がそういう種類の広告だと思ってしまった。。

 

f:id:tarlate260:20180120060255p:plain

 

う、嘘だろーと思っていたら急に住所を尋ねられたので、まだ不信感マックスなままにとりあえず入れてみました。Yahooだし平気だよね…ね…。

 

f:id:tarlate260:20180120060410p:plain

 

と、いうわけで見事、メガジャンボ次男ゲットしました…

ぬいぐるみ、しかもメガジャンボって…確かにおそ松さんもカラ松も好きだけどゲットして家に届いてもどうしようってなるよ、うわぁ、商品選択間違えたよ……

 

あ、ラインナップはぬいぐるみだけでなくフィギュアやスマホケースなど実際のゲーセンにあるものがたくさんありますので、皆さんも遊びでプレイする際でも「実際にそれが届いたらどうするか」を考えてから選ぶことをお勧めします。まじで。

 

 

……め、メルカリで売るか…?

天才小学生とIQの話

grapee.jp

 

いやー、何度見てもすごいというか、親御さんの教育が良かったのか…

小学生の男の子が書いた「女を求めて」という題の詩があまりにも男らしくてカッコいいというわけで話題のようです。

 

 

小学校の頃の文集なんか読み返してみると、まあみんな幼くて可愛いけど拙い作文や絵日記が多いものですが…この子は生まれ持って文才があるのか、それとも素でナイスガイ&クールガイなだけなのか。

成長が楽しみですね。w

 

最近は天才小学生のテスト回答が時折話題になっていて、どれもこれももし私が先生なら満点にしてあげたくなるような回答ばかり。

 

 

一瞬「ん?」となってしまいますが、問題を読むと「次の日付のひらがなを漢字に直しましょう」とあります。

 

つまりこの小学生くんは「次の」を「この次にある問題」ではなく「問題になっている日付の次(翌日)」という意味に捉えて、すべての問題の翌日の日付を漢字に直した、というテクニシャン・ボーイだったというわけです。w

 

まず大人ではこの発想にはほとんどの人がならないんじゃないでしょうか。

理由を説明されても終始「えー、ええー…うわぁ~」となるばかりで、つくづく頭が固くなってるんだなあと自覚します。

 

以下の画像はこちらより。

【逆に才能を感じる】小学生たちが書いたテストの珍回答集 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

 

f:id:tarlate260:20180119022536j:plain

 

これはすごい。起承転結がしっかりとまとまった物語になっています。お父さんはちょっと哀れな立場になってしまいましたが。w

「遺族」や「霊」など難しい単語を知っているというのもポイントが高い。

 

よく国語の問題などで「〇を使った文章をかきなさい」といったようなものがありますが、だいたいみんな似たような回答になってしまうんですよね。

恐らく採点していた先生もクスッとなったに違いない回答でした。

 

 

f:id:tarlate260:20180119023001j:plain

 

惜しいです。w

私も算数・数学は苦手も苦手だったので気持ちは分からなくはありません。式が書けてもいざ計算となると頭を使う。

「500円ちょっと」という上手くて曖昧な物言いが好感度高。国語なら得意そうな小学生です。w

 

これは電卓に慣れてしまった大人でも人によっては苦戦しそうな問題ですね。

社会人になってしまうと計算するツールがたくさんあるので余計に計算離れしてしまうものです。

 

f:id:tarlate260:20180119023417j:plain

 

私の周囲の子供たちも何故か「天童よしみ」を知っていました。演歌歌手で子供と接点がなさそうなのに……。w

聞いてみると名前は知ってるけど顔は知らないという子供が多かったです。天童という名前は覚えやすいということでしょうか。

 

それにしても「天童」と問題になっている「童」を絡ませてきちんと書けているのがすごい。これは天童よしみさんが見たら思わず笑ってしまうかもしれません。

もちろん「出てんどう」という小学生ならではのギャグも大変センスが良いです。舐めたらあかん。

 

f:id:tarlate260:20180119023739j:plain

 

理科のテストでしょうか。

 

「ワープさせたりいろんなものを作ってくれる。悪い人が来るとかみつく」という性能を持った「はたらきハムスター」とは…!

これはもう一介の愛ハムスター家としては二重丸どころか五重丸くらいあげたくなります。マジで。w 涙すら出てくる。

 

しかしね、小学生くん、そんなハムスターは現実にはいないんだ……

ソースはうちのはたらきハムスター。

 

f:id:tarlate260:20180119024432j:plain

 

だいたい働く前に寝てしまうんです。ねこのほうがまだ働くと思う。

 

続きを読む

今までで一番「これ人が死ぬアニメだったのかよ」と思ったやつ

burusoku-vip.com

 

けものフレンズまどかマギカも同意なのですが、こういう話が出たら私はこう言わざるを得ない、「東京マグニチュード8.0」。

2009年のノイタミナ枠での放送だったんですね。ずいぶん昔になったもんだ。

東京マグニチュード8.0

 

ネタバレなしのあらすじとしては、女子中学生の小野沢未来(みらい)とその弟の小学生、小野沢悠貴(ゆうき)のふたりを主人公とし、大地震が起きて壊滅状態になった東京を舞台にあれこれの惨状を目の当たりにしつつ、家に帰るというストーリーです。

 

もしも東京にマグニチュード8.0直下型地震が来たら、という想定が根底にあるオリジナルアニメなのですが、これがまた実にリアルかつ精巧にシミュレーションされて描かれているのが特徴です。

 

f:id:tarlate260:20180117180712j:plain

※参考画像です

 

単なる娯楽アニメではなく近々起こり得る東京大震災への予備知識としての見方をしてもじゅうぶんに説得力がある構成になっています。

 

地震を扱っているんだから人が死ぬのは当たり前じゃない?」と思われるかもしれませんが、そこはまたニュアンスが違うというか……これ以上はネタバレになるので話せませんが、主要な登場人物が死ぬというのがここまで辛かったのは初めてでした。

 

ネタバレ記事は過去記事のこちら。

アニメ in東京マグニチュード8.0 見なきゃ良かった… - あるひまじんの日記

 

このアニメにえらく感動した私はフィルムコミックと文庫小説とを買ったのですが、このフィルムコミックのあとがきに実際に東京(首都圏)に大地震が起きた場合のシミュレーションレポートのようなものが僅かながら掲載されていて唸って見ていました。

 

アニメのなかでも特に象徴的に出てくる東京タワーの倒壊シーン。

 

f:id:tarlate260:20180117181710j:plain

 

タワーが根元からポッキリと横倒しになってしまうというちょっと考えにくい倒壊をしていてここだけ見てしまうと「しょせんアニメ」とされてしまいがちですが、実は本当に現実に起こり得る事態なのですね。

 

それには実際の東京の地盤や地下水の流れ等、密接に関わり合ったものを調査してみると巨大建造物ですらいともカンタンに倒れて沈んでしまいかねない地形なのだそうです。詳しくはフィルムコミックや地震サイトなどの考察をぜひ。

 

首都直下M7.3巨大地震あなたと家族が生き残る、たった「五つのルール」「死者2万3000人」の政府シミュレーションは甘すぎる(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

 

フィルムコミック 東京マグニチュード8.0 (単行本)

フィルムコミック 東京マグニチュード8.0 (単行本)

 

 

唯一の希望というか、そもそもこのアニメをヒューマンアニメとして見た場合、近しい人が死んで絶望するけどそこから歩き出す、という成長を描いているという意味ではバッドエンドを漂わせてはいないので評価できるのですが……

個人的には二度見ることはないかな、というアニメです(駄作という意味ではなく)。文庫小説では一人称視点のおかげでまだ読めます。w

 

続きを読む

宅配業者を装ったウイルスSMSが横行中

fesoku.net

 

またもや新たな手口のウイルスメールが発生している模様。

 

 

最近の迷惑メール、ウイルスメール全般はスマホSNS普及の効果もあってかさらに拡大・進化しているところと思われますが、今回は携帯のSMSに直接メッセージが来ていたというお話で怖いばかりです。

 

SMSというのはご存知の通りドコモでサービスしているショートメッセージのことで、ほぼLINEと同じ使い方ができるアプリです。特徴としてガラケーでも使えますが、アドレスはメールアドレスやIDのようなものではなく、携帯そのものの電話番号を用います。

ショートメッセージサービス(SMS) | サービス・機能 | NTTドコモ

 

 

つまり言うと今回の話のウイルスSMSは相手の電話番号を知っていないと送信できないはずなんですね。メールではなくSMSという形態でウイルスをばら撒こうとしているというのが新しいところなのかなと思います。

 

f:id:tarlate260:20180117010842p:plain

 

とはいえ、最近の詐欺メールでも文字化けしていたり変なスペースがあったり文章校正が翻訳そのままになってたりと手抜きがよくあるように、この迷惑SMSにもまた穴がある模様。

 

宅配業者を装って不在通知SMSを送り、携帯をウイルスに感染させたうえで最終的に個人情報等を抜き取ろうというのがその目的のようですが、日本では通常、どこの運送会社でも不在通知表というものはポストに入れるのが当たり前です。というより、在宅していればインターホンがあった時点で気が付くもの。

 

f:id:tarlate260:20180117015137p:plain

 

今回の報告者さんはたまたま在宅していたようで、そうした不審点からすぐに詐欺ではないかと気が付いて拡散してくれたという流れのようです。

ただこれが、たとえば外出中に突然SMSが送られてきたら「えっ!?」となって慌てて添付ファイルを閲覧してしまうなんてことはあり得そうです。

 

輸入品、限定生産品、または在庫がないものは、配送にしばらくの日数がかかるものが多いため、注文したのも忘れて出かけてしまったというパターンは起こり得そうです。日時指定できない商品もたくさんあります。

 

迷惑メールを送っている詐欺業者のほとんどがこうした、全体の本当に数パーセント未満しか引っかからなさそうな人間を狙っているのはご存知の通り。警戒して損はなさそうですね。

 

f:id:tarlate260:20180117011622p:plain

 

最悪スマホがただの文鎮になるかもしれないのみならず、自分や連絡先アドレスの全員に被害が出るかもしれないウイルスメール、SMSは警戒が必要そうです。 

続きを読む

年始年末にやってたこと。

f:id:tarlate260:20180115220413j:plain

 

スマホでいくらか写真が残っていましたので、年始年末にやってたことをつらつら書いておきますよ。

 

f:id:tarlate260:20180116013527j:plain

 

f:id:tarlate260:20180116015430j:plain

 

年末は冬コミの打ち上げいきました。

都内ってモスバーガーのカフェなんてあるんだね。雰囲気とかメニュー的にはベックスコーヒーと似てる。パスタよりサラダのほうが強いのかなあ。

ケーキのほうは初めて行ったハーブスで食べました。横浜のルミネにもあるんだけどいまいちひとりだと入りづらいのとかで行ったことがなかった。レアチーズケーキにしちゃったんだけど、シェアして食べたミルクレープとかクリーム系のほうが美味しかった。

 

f:id:tarlate260:20180116020748j:plain

 

大晦日には今年こそ川崎大師に0時初詣してやる、と意気込んで寒空のなか家を出たのですが……その前にチネチッタのネオンを見に行ってきました。ここ、数年前からいきなりキレイになったよねー。

ついでにラチッタデッラのほうにあるヴィレヴァンに福袋も見に行きました。相変わらずの山積みっぷりでしたけど。ここにヴィレヴァンがあるのを知ってる人はどれだけいるのだろうか。

 

f:id:tarlate260:20180116021347j:plain

 

まだ22時にもかかわらず境内前には既に数人の行列ができている川崎大師。

初詣の作法を調べてみると大晦日のうちに参拝をするのはNGだそうですね。大晦日に家を出て元旦になったら参拝をする、というものを初詣と呼ぶそうです。

初詣に夜行くのはアリなの?正しい参拝の時間帯とは | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

 

あちこちの屋台巡りしてからスッと列に加わって参拝して参りました。常連さん(?)には持ち運び用の簡易式椅子まで持ってきている人もいてびっくりした。

 

f:id:tarlate260:20180116021756j:plain

f:id:tarlate260:20180116021831j:plain

 

元旦早々から福袋を眺めに行ってました(混雑してるのを見るだけで買わない)。

唯一、無印良品の福袋である福缶とやらを購入。商品と同価格のギフトカードのほか、オリジナルマスキングテープと「日本の縁起物」という名目の木彫り細工が入ってました。

 

私の引いたのは「福犬」という岡山県の縁起物……なのですが、福犬というと犬張り子という、丸っこくて白い犬のほうが一般的みたいです。確かにこの犬張り子なら私も見たことがあるなあ。

ということはこの木車がついた福犬はマイナーなほうなんだろうか。

kotobank.jp

 

そんな感じで現在に至ります。

今年もやることはたくさんありますが、まあまあなんだかんだで運勢も良さそうだし(おみくじは大吉な上にお正月放送のダウンタウンDXでは星座+血液型一致で最高運勢だった)。

 

 

いろんなことを適度にこなしつつ堅実に進みたいなあ、と。

 

f:id:tarlate260:20180116022433j:plain

f:id:tarlate260:20180116022611j:plain

 

とりあえずは一人鍋わっしょい。

フィルタを画像にかけられるChromeアプリ『Pixlr-o-matic』

同人誌を作ったりするようになって前よりも画像編集をすることが多くなりました……が、Photoshopillustratorなんか持ってないし動作環境スペックも怪しい!

というわけで、もっぱらPowerPointで編集しています。いや、意外と簡単な画像ならサクッと作れたりするんだよッ!

 

f:id:tarlate260:20180115023356p:plain

 

主にタイトルやカバーイラスト、挿絵なんかを規定の用紙サイズのところでぽつぽつ作っているだけなので本当にPowerPointのほうが楽なんです。慣れもあるんだけど。

 

f:id:tarlate260:20180115023505p:plain

 

でも、これだとなんだか物足りない。もうちょっと装飾が欲しいなあ、でも他にソフト入れていろいろ弄ってってのは面倒くさい。スマホのカメラ・画像アプリによくあるフィルタ機能ってのが欲しいなー、それもぼかしとかシャープネスとかそういうのだけじゃなくてたくさんかつ簡単に。

 

探してみたらまたまたChromeアプリにありました。

 

chrome.google.com

 

インストール、実行してみると直感的に操作できそうな画面が出てきます。

 

f:id:tarlate260:20180115023742p:plain

 

英語表記ではありますが、computerを選んでフィルタをかけたい画像をフォルダから選ぶだけです。ウェブカメラがあれば左のwebcamで撮影もできそうですね。

 

f:id:tarlate260:20180115023854p:plain

 

フィルタの種類は大きく3パターンにわけられていて、中央下部のメーターの赤・青・黄でそれぞれ切り替えられます。

赤メーターにあるのはエフェクト処理です。スマホのカメラ・写真アプリでよくあるフィルタと同じものです。

 

f:id:tarlate260:20180115024042p:plain

 

青メーターはオーバーレイ処理。これはプラズマやカスリ模様など、画像に別の画像を薄く透かし入れるような処理です。これがPixlr-o-maticの一番すごい処理だと思っています。ホントに適当に選んでもそこそこ綺麗になります。

 

f:id:tarlate260:20180115024235p:plain

黄メーターは枠ですね。

 

f:id:tarlate260:20180115024416j:plain

 

元が白黒のいわゆるグレースケール画像でも、このエフェクト処理をあれこれかけると自動的にそれっぽい色になって綺麗に仕上がったタイトルに見えます。実際には2~3分程度で作ってます。w

 

f:id:tarlate260:20180115024537p:plain

 

さらにこれら3種類のフィルタは他にもたくさんあるなかから追加もできます。もちろん一切の料金は掛からず、すべて無料で使えます。

 

f:id:tarlate260:20180115024633p:plain

 

オーバーレイ処理の追加分だけでもこんなにたくさん。他のソフトで作った画像を読み込ませ、シーンに合わせたフィルタを使って整えればあらゆる場合に役に立ちそうです。

 

もちろんフィルタは掛けすぎるとあまり宜しくないものになりやすいので適度に、というべきでしょうが、例えば本の表紙やタイトル画像などインパクトを与えたいような画像の場合は有効活用できそうです。実際しています。w

 

PCで専用ソフトも要らず簡単にフィルタで遊べるというだけでも楽しいアプリでした。