あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ハリポタまだ四巻

世の中はオリンピックにさんざめいているのに私はチマチマとハリポタ読んでます…。 さて、原作や小説版は置いといて。ハリポタで検索するといろいろサイトがヒットするのですが、映画での俳優さんたちのサインや写真がたくさん出てきてうれしい限り。映画で…

ハリポタ最終巻のために。。

最終巻を買うだけ買って全然読んでません。 別に時間が無いとか言うのではなく、一巻から読み直してるから読めないのだ! …やっと今四巻まで来ました。 三巻を読んだ後にたまたま録画していた映画のアズカバンの囚人を見直しましたが、まだ七巻を読んでない…

本 in大尉のいのしし狩り

大尉のいのしし狩り (晶文社ミステリ)(2005/06)デイヴィッド イーリイ商品詳細を見る 面白かったです。 いくつかの短編がまとめられた短編集なわけですが、表題作の「大尉のいのしし狩り」の他に「ぐずぐずしていられない」「歩を数える」「昔に帰れ」といっ…

本 inアルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を(1989/04)ダニエル キイス、小尾 芙佐 他商品詳細を見る 既に古典的で有名すぎる本ですが…実を言うと最近になって読みました。 同作者による眠り姫という本が実に面白かったのでこっちもと。 ↓ 眠り姫(1998/02)ダニエル キイス商品詳…

本 in木曜日に生まれた子供

木曜日に生まれた子ども(2004/02/17)ソーニャ・ハートネット商品詳細を見る この作者さんの本は初めて読みました。 舞台は世界恐慌時代のオーストラリア。開拓民として移り住んできたある一家。主人公の少女、パーシーを中心として両親、兄、姉、そして弟の…

ついてくる

ついてくる―京都十三夜物語(2001/03)吉村 達也、平木 千草 他商品詳細を見る 怖いです。ホラーです。 普段は外国小説ばっかりで日本の小説は手をつけてない私ですがこれはバリバリ日本の怪奇話です。しかも全編京都が舞台。 この本、表紙を見ただけでは分か…

フォーチュンクエスト

新フォーチュン・クエスト〈12〉クレイの災難〈下〉 (電撃文庫)(2006/06)深沢 美潮商品詳細を見る このネタで書くのは二回目になるようです。 フォーチュン・クエストってしかし、長いですよねぇ。 もう10年くらい経過してるんじゃないでしょうか。私が買い…

本 in幽霊派遣会社

幽霊派遣会社(2006/06)エヴァ イボットソン商品詳細を見る タイトルからして楽しそうな本ですが…内容も楽しくて面白くて一気に読んでしまいました。 この本はある一家が幽霊になってしまった日から始まります。普通ならそういった幽霊や死をテーマとした本と…

本 inサフィーの天使、インディゴの星

久しぶりに本感想でも。 サフィーの天使 (Y.A.Books)(2007/01)ヒラリー・マッカイ商品詳細を見るインディゴの星 (Y.A.Books)(2007/07)ヒラリー・マッカイ商品詳細を見る 二冊まとめて。 これは上下になっているとかそういう区切りがされてるわけではないので…

本 in黒い兄弟

黒い兄弟〈上〉(2002/09)リザ テツナー商品詳細を見る 長編のどっしりした本です。 これは著者のリザ・テツナーさんが実際に見知った事件、「スイスの小さな奴隷たち」という本に書かれた出来事をひとつのテーマとしてそこからさらに展開させて当時のミラノ…

本 in魔法があるなら

魔法があるなら(2003/02/07)アレックス・シアラー、野津 智子 他商品詳細を見る 今回のは割と短編です。 ファンタジーではなくてある母と妹がいる少女視点の感動物語です。日本で同じことをもしやろうとしても絶対真似できないだろうなと思う反面やってみた…

本 inメドレヴィング

どうも。 最近はWikipediaの記事編集が異様に楽しくなってきてやってます。 なんか自分の手で少しでも世の中の皆さんの役に立てたら嬉しい…なんて高尚な望みを掲げたいわけではないのですが、熟知している範囲内の知識を投稿すると「思っていることを文章で…

本 inエアボーン

エアボーン(2006/06)ケネス オッペル商品詳細を見る また読んでしまいました。しかし、ほとんど間を置かずに節操無く読み漁ってるなぁ…。 読み終わりはしたのですが、未だにこの本の題名「エアボーン」の本来の意味合いは汲み取れていません。 内容の理解が…

本 inハロルドのしっぽ

ハロルドのしっぽ(2005/12)ジョン・ベーメルマンス マルシアーノ商品詳細を見る 短い本なのですが読みました。 主人公であるハロルドというハイイロリスの語り口調で語られる物語です。 大都会に住む小さな動物達は自然界の動物とはまた違った強さを持ってい…

本 inインガルス一家の物語

大草原の小さな家 (福音館文庫)(2002/08)ローラ・インガルス・ワイルダー商品詳細を見る 本当はこの本が1巻ではないのですが、一番有名なのはやはり「大草原の小さな家」というタイトルですよね。私は見た事ないのですがドラマ化されていたのが昔放映されて…

アバラット

アバラット(2002/12/18)クライヴ バーカー、池 央耿 他商品詳細を見る 読んでみました。 4部構成の予定らしいのですが日本語訳現行では2巻までしか出てないみたいです。とりあえず1巻だけを読んでみることにしましたが、ファンタジーと一言でくくれない何か…

竜の騎士

こんなタイトルですがFFの竜騎士じゃありません。それと検索したらめちゃくちゃHitしたのですが、ひぐらしのなく頃に関連でもありません。念のため。 竜の騎士(2003/08)コルネーリア フンケ商品詳細を見る ばりばりなファンタジー物語です。指輪物語やハリー…

ゾディアック・ブレイブ

ちょっと前の話ですが、こんなの読みました。 ゾディアック (ヴィレッジブックス F ク 4-1)(2007/06)ロバート・グレイスミス商品詳細を見る この本はちょっと変わっていて、物語形式では無いんです。登場する人物は一部名前の変更はありますが全て実在する人…

冒険者たち

※Amazon記事紹介リンク不具合は自己解決というか勝手に直ってた。なんだったんだろう… 冒険者たち―ガンバと十五ひきの仲間(1982/01)斎藤 惇夫、薮内 正幸 他商品詳細を見る 有名どころの一冊だと思います。「ガンバとカワウソの冒険」というこの本の続編に当…

パディントン

※何故かAmazonリンク記事タグが表示されないのでしばらく関連商品はWikiリンクでご容赦を。 シリーズ読破しちゃいました(*´ェ`*) *クマのパディントン 一部によってはとっても有名な本らしいのですが、ぜひとも読んでおくべきだった小中学生の頃に読めなか…

まだらの紐

最近小説にハマりきりです。 シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)(1953/03)延原 謙、コナン・ドイル 他商品詳細を見る 推理モノは特別に好きというわけではないですが、それでも好きなジャンルで数えれば上位に入るほど結構好きなジャンルです。 推理…

クマのプーさん

クマのプーさんの本を読みました。子供向けの絵本仕様のものではなく、本格仕立ての本です。 クマのプーさんWinnie‐the‐Pooh(2006/09)E.H. シェパード、A.A. ミルン 他商品詳細を見る もちろん日本語に訳されていますが、左側からページをめくると横書きで書…

カモメに飛ぶことを教えた猫

こんな本読みました。 カモメに飛ぶことを教えた猫(1998/05)ルイス セプルベダ商品詳細を見る これは、猫と死に際のカモメが交わしたある約束と、それを守り通すために仲間たちと四苦八苦した黒猫の物語です。 タイトルだけは知っていていつか読みたいなぁと…

シム・フースイ

最近こんな小説のシリーズを読んでいます。 絶の島事件―シム・フースイVersion5.0荒俣 宏 (2001/09)角川書店 この商品の詳細を見る (恐らく)五巻まで出版されているシリーズです。とはいえ主人公とヒロイン(?)を除いたひとつひとつのシリーズは独立した構…

未解決

テンプレートを元のシンプル路線に戻してみました。 Flashカレンダーのサイズがどうしても合わなかったので前に使わせてもらっていたカレンダーを再び使ってみてますが、このカレンダーってテンプレートによってスタイルが変わるみたいですね。 色が黒一色な…

マイブーム怪奇モノ

最近読んでる小説。 X-FILESも持ってるのは一通り読み終えたので別の怪奇モノに手を出しています。 ジ・アンソルブド飛鳥 昭雄 (1997/04)角川書店 この商品の詳細を見る 古いんで画像は流石にないですね。 この本はX-FILES同様ミステリーをテーマとしていま…

X

最近はX-FILESの小説版を読みふけっています。 THE X‐FILES STORIES〈5〉クリス カーター (1996/09)徳間書店この商品の詳細を見る まあこのシリーズじゃないんですけど。 一昔前に発行されていた「旋風」「グラウンド・ゼロ」「移植」などの書店もばらばらな…

読書の初夏

昔買った本をまた引っ張り出して読んでいます。 --- 怖い本〈1〉平山 夢明 (2000/06)角川春樹事務所 この商品の詳細を見る タイトルと表紙絵につられて買ったんですが、言うほど怖くないというか…。 色々な人の体験談をまとめたような短編がいくつも書かれて…

ハリー・ポッターと

ハリーポッター読んでました。現在第六巻です(2回目)。 色々な感想は七巻の後にするとして、私は結末よりもハリーたちが生きていると仮定した上での成人後の職業とか何をしてるかというのを想像するのを五巻が発売された頃からずっと考えてました。 五巻…