あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

設定に時間をかける者は報われる(?)

小説やマンガ、その他色々な創作系のもの全てに当てはまると思うのですが、私がこれだけは確実に言い切れると思えるある言葉があります。

1.png

何故どせいさん語か

つまり、本編を書く(描く)前に登場キャラや世界観・世界設定などを事細かに設定してしまうんです。

こんなネタ使わないだろう…と思うような事でもともかくなんでもいいのでキャラごとに設定を細かく細かく決めてしまいます。

例えば性格・血液型・出身地・星座・身長体重は基本として家族構成・境遇・趣味・好きな食べ物嫌いな食べ物・休みの日はどこへ行くか・宝物・イメージBGM/曲などなど。

特に主軸となる性格は細かく細かく考えたいところです。

世界観についてはラノベファンタジー系作家さんなら色々とネタが出てくると思います。それも全てこの時点で考えちゃいます。

大まかな世界地図・移動手段・通信手段・国家の有無・人種・魔法の有無・言語・町や村の規模などなど。

こうして完璧に土台を考えてから本編を書き始めるとあら不思議、ひとりでに物語が歩き始めちゃうんですよね。

というわけで新しい小説でも書いてみたいので頑張って土台作成しています。