あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

俺屍 inボス攻略

テンプレを涼しげなものに変えてみたんですが、イマイチ見づらいのでまた変えました。なんかホイホイ変えまくりすぎて自分でどこのブログなのか一瞬分からなかったりしてますorz

俺屍は延々と中ボスのために鍛えては血を強くする日々です…。

最近は選考試合にも初めて出てみました。なんだ相手がどいつも弱すぎるじゃないかと調子に乗って春の試合にも出てみたら「常夜見」連発してくる槍使い三人衆が出てきたりしてなかなか苦戦しました。でも選考試合って奉納点がガッポリもらえるしアイテムももらえるしで出た方がいいんですねぇ。

説明書に「場違いなほど強い相手が出る場合もあるので注意」って書いてあったから躊躇してましたよ。

中ボスはなんとか敦賀ノ真名姫、赤猫お夏、アガラ封印像を撃破してきました。

敦賀ノ真名姫は何回か戦っていてあの津波術の「真名姫」の強さにピンチピンチしてたんですがメンバーさえ良ければ倒せるようになったと嬉しくなった矢先に朱ノ首輪ゲット。この敦賀ノ真名姫のセリフでも気になるものがありますが、なんとなく俺屍の裏ストーリーが見えてきたような気もします。今回の朱点童子とかの抗争は天界の神々がなんか関与してるっぽいですねェ…。

赤猫お夏は倒せる気がしませんでした。なんで2000も回復しやがるんだよう。たまに混乱攻撃が来るので「仙酔酒」は必須なんですが、仙酔酒を使うと速鳥とか陽炎とかの効果まで消える(?)ので補助魔法には頼れず…さらに味方の拳法家と剣士が火武器だったんで全然ダメージが行かず。唯一水武器だった大筒士はなんと初陣…もうダメかと思って「華厳」の四人併せなんかやってるうちに拳法家あぼん。

なんとか倒しましたが帰ってきたら死んでしまった…とその時に反魂の儀の話が出まして、初めて親子の反魂やりましたよ。ヴァルキリープロファイルにも還魂の儀(?)みたいなのがありましたが、この手の儀ってなにか元ネタあるんですかねー。

一方、親王鎮魂墓のアガラ封印像はザコでした。この時も槍使いに土武器持たせてたにもかかわらずほとんど苦戦しなかった。先に出てくる偶器シリーズもザコですしね。

ただ氷ノ皇子とか崇良親王とかはまだまだ無理がありそうな予感。