あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ダククラ inドランかわゆす

DARK CLOUDDARK CLOUD
(2000/12/14)
PlayStation2

商品詳細を見る

プレイ中。

ジオラマRPGってナンジャラホイって感じだったのですが、アトラと呼ばれる建築物や住民などを探しながらダンジョン攻略をしていき、その他のアイテムやらを集めてボスを倒すというまでがひとくくりとされている流れみたいです。

そしてこの建築物や人、地形なんかを魔人に蹂躙されたまっさらな空き地に配置していくことで土地を元通りにするというあたりがジオラマなんですね。

つまりはトルネコの大冒険シレン風の探索型RPG+簡易シムシティみたいな。あ、デュエルという一対一モードでは音ゲー要素もあります。

やっと最初のダンジョンをクリアしたばかりなのでなんとも言えないのですが、探索型RPGではありながらそこまで大量の種類のアイテムは無さそうです。基本的にマップと敵の位置が分かる宝石の他は消耗品ばかりです。魔法も石を使って行うというタイプのようでキャラそのままは使えない様子。

ただ最大収集目的のアトラ探し、そして戻ってからの配置というのがとても楽しくてハマります。住人を助けると彼らから冒険や配置のヒントを得たり、○○が嫌いだから家を離してくれなどのリクエストも聞けたりします。この配置を完璧にこなすことで新しい必殺技を得たりするらしいです。

もうひとつの要素が武器のカスタマイズ。宝石の他にカスタマイズ専用パーツをつけていくことで武器を強化することができ、仲間の武器も含めると多種多様な系統に枝分かれしているようです。

その他、釣りもできるっぽい。まだやってないですが。

ただ難点をいくつか挙げるとすると、戦闘時は画面視点のせいで敵との距離感が掴みにくいというのがあります。主人公はジャンプ斬りという必殺技があるのですが、これを当てようとしてもなかなか当たらずにその隙に攻撃される…なんてことがちょくちょく。

もうひとつ、音楽があまり…短調なメロディがずっと続くという感じで、しかも村などでは早朝と夜は音楽がなくなってしまうのが悲しい。ボス戦曲はノリノリでしたが、他の曲はイマイチ。ゲームが悪くて音楽が良いというのは良く見かけますが、これは珍しくも逆のパターンですな。

しかしドランヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

このパッケージに描かれている毛カバに羽根が生えたみたいな生物がドランなんですが、ボスとして出てきます。やたら強かったので三回もやり直しましたよ。その後操られていたということが判明し色々協力してくれるようになりますが…爺さん口調。これはこれでいいのかも。