あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

まだハリポタ読んでたりする…orz

1巻から読み続けてもう一ヶ月がそろそろ経過…ほんと読むの遅くて今やっと6巻の下まで来ました。

っていうかハリポタファンサイトとかで作者のローリングさんのコメントではこの7冊(厳密には11冊)を一気に書ききってしまったらしいですね。もちろん内容はそこまで難解なものではありませんがそのスタミナと想像力に改めて脱帽。

もう日本ではハリポタブームも去り、あとは「謎のプリンス」と「死の秘宝」が映画化されるのを待つのみとなりましたが、思えばハリポタのお陰でそれまでのファンタジー作品が再評価されたんですよね。

指輪物語」はもう完結しましたが、「ナルニア国物語」「ライラの冒険」といった古典的な名作が映画として上映されるようになったのは全てハリポタから始まったと思うと凄いよなぁ。それに指輪物語などは既にある作品をリメイクみたいな形で映画化したわけですが、ハリポタは完全に新作品と思うとやっぱりすごい。

親戚でハリポタ嫌いって人も居たりするんですが私はやっぱりハリポタ好きです。