あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ゲーム音楽 inレガイア伝説

レガイア伝説 ― オリジナル・サウンドトラックレガイア伝説 ― オリジナル・サウンドトラック
(1998/11/21)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る

ずっと前に探したときに見つからず途方に暮れてましたが、なんとはなしに探してみたら発見したので即買いしました(*´д`*)

ゲーム音楽ですしレガイア伝説ってゲーム自体がかなりマイナーなほうなので知らない人も多いとは思いますが、あの「大島ミチル」さんの手がけたBGMなのですね。私は大島ミチルさんのBGMはICOで知ったのですが、実際はレガイア伝説をプレイしてる時に「この曲いいなぁ」とだけは感じておりまして、なるほどなるほどと納得の極みです。

レガイア伝説のゲームのほうは当事同時期に発売されたFF9が霧ネタを大々的に扱った作品で、レガイアもまた霧に包まれた世界を~というストーリーだったためにパクりじゃないのかと友人同士で話していたりもしてましたが、今考えて、そして改めてプレイしてみるとレガイア伝説は傑作ではないかもしれませんが名作に数えられる、心温まるいいストーリーのゲームだったと思います。戦闘要素やゲームバランスもそれなりに難しくて楽しいし。

・霧の荒野

最初の村を出て聴いてから今まで、おそらくレガイア伝説で屈指に大好きな曲です。これは霧に包まれている状態の大陸でかかってまして、本来なら悲しい(?)曲なのですが、幻想的で壮大な世界というイメージを感じるのはやはり大島さんの曲だからなんだろうかなー。

・襲撃

ボス戦闘曲です。ICOでもあまり聴けない大島さんのバトル曲なわけですが、なんだか耳に心地よくてバトルそっちのけで聞き入ってた記憶が。イントロ部分は絶品。

・街の灯

夕闇に包まれいく小さな町の穏やかで静かなたたずまいをうまく再現している曲です。他の曲もそうですが2ループ目からのパート追加がこれまた良い…癒される系。