あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

かまいたちの夜 in×3クリア!

かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相
(2006/07/27)
PlayStation2

商品詳細を見る

うにゃー!終わりました。。×3、金のしおり完成。。

盛大ネタバレなのでご注意。

かまいたちの夜の1と2が一緒になってるのでボリューム的には2には劣りますが、やっぱりバッドエンド埋めは楽しいです。

まあ2よりも笑えるバッドエンドは少なくて、例えば誰かの主人公のルートでバッドエンドになったものがザッピングで他の主人公ルートでもバッドエンドである、という繰り返しで埋まっていくので色んなパターンのバッドエンドで楽しむというわけにはいきませんでしたけど。まあ、俊夫のキューピッドは吹きました。超ウザいですよ俊夫!w

「働け俊夫さん」「TDLって……」「伊右衛門のツッコミ」「なぜバナナが……?」「フードファイター啓子」なども大変笑いました。

しかし今回は透のほかに香山さん、俊夫、啓子の四人の視点から物語を追い求めるという展開だったわけですが、ちゃんと真相を解明して事件解決しても残った謎の多い事。結局バッドエンドルートも一通りプレイしないと全貌が見えてこないというのはなかなかの新要素でした。

特にエンディングNo.79は恐ろしい事に……バッドエンド全部のみならず番外編も含めた全てのバッドエンド、グッドエンドを制覇しなければ見れないというこのエンディングNo.79、こんな展開だったとは。

確かに1F水没で見知らぬ死体が流れてきたとか香山さんが幽霊になった時に啓子がこっそりメモを書いていたとか怪しいシーンはいくつかあったものの、まさか1F水没後に透や俊夫が殺された相手が啓子だったとは。。その時点では村上もいなくなってたわけですが私もてっきり逃げ出した、なんて普通に考えてました。殺されて水に落とされてたわけだったとは。剣山と外壁があるから逃げる事はできないと冷静になれば分かるのに。

全体的に意外も意外でした。それまで啓子も主人公として動かせてたのでまったく予想外でしたよ!

しかしもっと意外なのは殺した目的。なんと可奈子とアレな関係になってたとは……てか、煩悩迷宮編でも美樹本の意外な嗜好が判明した時点でめくるめく笑いの予感を感じてたんですがw まあ単純に笑えないラストですけども、バッドエンドでもちゃんと全てが繋がるように物語がまとまっているのはシリーズ最高の出来栄えだと思いました。

さて今回の隠しシナリオである「ちょっとエッチなかまいたちの夜こと煩悩迷宮は楽しかったです、はい。

ドラクエ風の戦闘シーン、シリーズ初の(?)顔入りシルエット、きわどいセリフの数々。2の官能編と繋がってる気もしますねw

美樹本が最後の最後まで女の誘惑に落ちなかったのはそういう理由があったのか(ノ∀`*) ショタコン恐るべし。ラストの「W透くん!?」は盛大に吹きました。当の透はぜんぜん理解してないし……「ダブル透ってなんだ?」とか真顔で。何より俊夫が本編ではかなり情緒不安定のキレ男くんだったのがちゃんと女性の誘惑に対して壊れてくれて満足。そしてやっぱりフンドシっすか!