あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

単行本 in世界の英雄・名将 伝説のバトル

世界の英雄・名将 伝説のバトル世界の英雄・名将 伝説のバトル
(2009/09/08)
クリエイティブ・スイート

商品詳細を見る

読み終わっちゃいました。

諸葛亮とかハンニバルとかナポレオンとか、古代~近代にかけての英雄たちによる戦史をまとめた一冊。

ちょっと歴史の教科書風味でもあるのですが好きな人にはたまらない内容です。興味はあるけど難しそうという人にもオススメかも。

それぞれの区分けとしては英雄・将軍の紹介とその生い立ち、戦争に至るまでの経緯や場合によっては侵略した道順が描かれた地図が掲載され、次のページではその英雄が総指揮官を務めた戦いが戦場の地形、布陣、動き、方位などと共に細かく解説されてます。

特に中世編ではこの戦争イラストページがあるおかげで非常にわかりやすい。まさにシミュレーションゲーム

と同時に面白かったのが色んな英雄・将軍の名前や古代においての地域・地名が昨今のRPGなんかでも良く流用されてるのが判明した事。

例えばFF10ザナルカンドは恐らくチンギス・ハンが廃墟にするほど攻め尽くしたオアシスに囲まれた美しい都サマルカンドのことだろうし、クロスボウは実はあまりにも強力すぎて逆に嫌悪されていたこと、ファランクスというのはアレキサンダー大王の用いたマケドニアファランクス」という陣形のことだとか。

同出版社で「剣と魔法 伝説の戦い」という本も出してるんですが、RPG好きにはたまらんものがありますなー。

剣と魔法 伝説の戦い剣と魔法 伝説の戦い
(2009/07/07)
クリエイティブ・スイート

商品詳細を見る