あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

痛いニュース in「ニンテンドー3DS」発表

任天堂、裸眼で3D映像のゲームが楽しめる「ニンテンドー3DS」発表

連続して痛ニュースですいませんw

なんと裸眼で3D映像の飛び出すDSを開発中らしいですぞ。しかも今までのDSソフトとの互換性◎!

ワクテカしてしまいますが実際今のところDSで遊んでないのでもしこのままDSで遊ばないままこれが発売されたら買うかどうかは個人的には謎です。w

DSソフトに魅力無いとは言わないんですが、いまだにタッチペン操作系のゲームは苦手という事実。まあDQリメイクとかタッチペンをまったく使わないものも多いですが…。

面白いDSソフトをひとつでも見つけたらどっぷりのめり込みそうではありますね。3DSが出るまでにはそういう環境になっておきたいとは思います。

でもちょっとばかり心配なのが目への負担ですねー。

別に詳しいわけじゃないので実際裸眼3D映像をあれだけの小型ゲーム機で、しかもかなり間近で見ていて長時間プレイした場合どれくらい負担が来るのか(自覚ありなし含めて)分からないのですが。

でもPSPでの話で、長時間FFTをプレイしていたら目が痛くなってくる、というか普段使わないような眼球筋肉を使ったような変な痛みを感じるようになったのでやめてしまいました。

VPやサガフロではそんな事にはならなかったんですけどね。まあFFTは全体的に文字サイズが小さいのにその小さなダメージ数値とかいろいろ確認しながらバトルしないといけない面ありましたし、映像的な問題で目が痛くなったとは一概に言えませんけども。

いろいろ気になりますが、ちょっとは期待してます。3DS