あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ドラマ in宇宙犬作戦

テレビ東京でやってる宇宙犬作戦というドラマが実に楽しい。おバカなドラマですけどw

SFコメディドラマというわけで、ストーリーとしては地球人が残した言葉である「犬」(実際はGODの逆さ読みw)を手がかりとして地球人の遺産でもあるデンエンチョウフ号という宇宙船で宇宙を放浪し、惑星プードルに迫る危機を回避しようという話。

主人公のマルコ(戸次重幸)の祖先が地球人であり、マルコにしかデンエンチョウフ号は動かすことが出来ないというわけで強制連行されるのが第一話オープニング。その仲間(?)として植物系人のモジャット(片桐仁と怪力アンドロイド娘のオハナ(高梨臨、そして翻訳コンピュータ犬のスプート29(ミニチュアダックスのディーノ)が同行することに。

ロックされているデンエンチョウフ号の航海日誌を開くための鍵となる「オーブ」を宇宙のどこかの惑星から探し出し続け、地球への航路を見つけ出して地球へ到達するのが彼らの目的となっています。

オーバーすぎるアクションとかオトボケシーンをみんな真面目にやってるので笑ってしまうのですが、それでいて毎回の話は感動話や痛快話でまとめられてます。33分探偵とノリが同じ。w

といってもタイトルに冠されている「犬」というのは今のところあまり関係なさそう。スプートは可愛いんですがうろついてどこかに行ってばかりであまり出てこないし(笑) スタートレックシリーズの「宇宙大作戦」とかけてるだけですかねぇ。

エンディングの歌は惑星スプートの国歌(星歌?)のような仕立てで楽しいので覚えてしまいましたw

動画はないので歌詞のみ。

つまらぬプライドを かなぐり捨てて

ほかの星には 逆らわず

なんとか独立 保ってる

我らがプードル プードル プードル

犬死するな