あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

最近見てるアニメの中途感想(?)

屍鬼

・伝説の勇者の伝説

・デュラララ!

屍鬼

今一番続きが気になるアニメですなー。やっぱり原作が重厚ホラー小説というのが原作ラノベとの違いなのか!?まあ原作ラノベでも面白いのは面白いんですけども…。

アニメでの今は田中家姉弟と夏野が恵の墓を掘り返すも恵はおらず、しかも謎の起き上がり男(たぶん今までに死者として出てる人だと思うけど名前不明orz)が出てきてかおりがピンチになりつつも回避、しかし今度は夏野の家にまた起き上がりっぽい幼稚園児(?)が来訪した…というところです。

「起き上がり」というなんだかゾンビか吸血鬼みたいなのが出たあたりから加速的に面白くなってきた気がします。主人公らしい夏野のみならず田中家の姉弟には生き残って欲しいとしか思えないw

しかし起き上がりの人たちは怖いなぁ。目が黒くて赤いよ!「生きてる人とまったく変わらない」とか言われてますが変わりすぎだろう!!正雄が起き上がりになった時は一番その描写が鮮明でしたな。

今後どうなるのか、という以前に今後どうやって生き残るのか、というほうが重要になってきてますね。なかなか兼正たちの実態が明らかにならないのですがすこーしずつベールが剥がされていくそのもどかしさがタマランー。

この話はアニメ見るだけで終わらすのはもったいない。ぜひとも原作の小説&マンガも欲しいところ。

伝説の勇者の伝説

バトルシーンが非常に迫力あるのでそのためだけに見ているような状況に…もちろんストーリーも面白いですが!でもライナ&フェリス側とシオン側とかちょいちょい切り替わるだけでなくOP前にライナの過去とかが挿入されたりしてちょっと見づらい気配はありました。過去話はネタバレ的な意味で小出しにせざるを得ないとは思いますけどね。

現在はスイとクゥの兄妹との戦いの最中にライナが無理やりアルファスティグマを開放させられてしまい、スイとクゥの攻撃は跳ね返せるようになったもののライナの自我が戻らずまだまだピーンチってところです。

なんか攻撃魔法みたいなのが国ごとに違っていてその違いとかエフェクト(?)はアニメだからこその迫力があるなあ。「求めるは雷鳴、稲光(イヅチ)!」とかカッコイイ。フェリスの剣技もカッコイイと思うのですがやっぱり魔法のほうに目が行ってしまう。

なかなかアルファスティグマと勇者の遺物関係が明らかにならないのでもどかしい。早く続きが見たいですなー。

デュラララ!

五話くらいまでは見てたんですがよくわからなくなってきて見なくなりました。。ファンの方々ごめんなさい。

主人公がいまいち誰なのか分からず、またそれは別としてもひとつのストーリーが連続するわけではなくあっちこっちで無関係ないろんな事件や出来事が起きて見ているのに疲れたというか。一話だけ見てもほとんどストーリーを理解できなかったりいつもでしたし。。「あの人はなんだったんだろう?」とか「あれはなにが原因だったんだろう?」という疑問が置いてけぼりにされてしまうことが多々。いずれ判明していく楽しさみたいなのもあまり感じられず。

完結してから最初から最後までまとめて見たらまた違うのかなぁ。