あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

面白スレ in【劇的ビフォーアフター】依頼主が実名告白

【劇的ビフォーアフター】依頼主が実名告白 「2100万もかけたのに前より住みにくくなってしまった!」

これはちょっと知らない話だったので興味深かったです。

大改造ビフォーアフターは放送開始してから長年経過している「おうち改築テレビ」。問題アリな家に対して匠(たくみ)と呼ばれる建築士がデザインした機能的かつ洗練された新しい家へと改築することをテーマにした番組です。

多少の違いはありますがほとんどの依頼主さんが1000万以上の資金を元手として依頼してきてから匠が動き出し、その工程をつぶさにカメラに収めて放送しています。

今まで何度か過去に改築した家の紹介などで出てきたものは見たことありますが、みんな笑顔で「やってよかった!」と口を揃えているという時点でなんか怪しいなとは思ってたんですが、実はこんな致命的な失敗もやらかしていたんですね(' `

この人の場合は場所によっては70cmにも及びアキレス腱を切るほどの家の中の段差をなくして欲しいという依頼を主に頼んでの2100万改築だったようですが、フタを開けてみれば段差はそのままにさらに段数が増えてしかも要らない収納までつけられてしまった、という。

52356cde-s.jpg

スレ内でさっそく特定されてるばかりか画像もあったので流用。

またこちらも改築テレビとして長らく放送しているドリームハウスからは「廊下だけの家」というテーマで6000万円もかけて改築して失敗した方もおられたようです。。

桁の違う買い物ですからできるだけ慎重になりたい反面、今までのテレビ放送を見て改築を決定した人の中には「あんな素敵な家になるなら問答無用でやりたい!」と思ってしまう人もいるみたいですね。

でも依頼主にとってはあくまで改築のつもりでもテレビ局が挟まれた以上やっぱりショー的な意味合いもあることですし、夢や理想よりも視聴率とお金が重くなってしまうわけでしょう。

それにしても依頼主の希望がまったく通らないなんて。。(' `

でもこんな「罠匠」ばかりではなく、しっかりした仕事をしてくれる匠さんもいます。

ビフォーアフターに依頼する場合は良い匠にめぐり合うことをまず最初に神に祈ってからのほうが良さそうですね。w