あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

マンガで分かる心療内科・精神科「不眠症・睡眠障害を治すには?」

よくある教育漫画みたいに古臭くなく、最近の漫画(?)っぽいさわやかなタッチのイラストで不眠症が分かってしまうという記事。

なにより突っ込みが楽しいw 若い子と寝れない悩みを持つじいさんをあそこまで引きずるとは。。

睡眠不足はお肌の大敵とはよく言いますが、これによるとそれ以外にも集中力や免疫機能が低下したり、代わりに血圧上昇したりというデメリットばかり。食欲旺盛になるので結果的に肥満を招く原因にもなるそうです。

ではどうしたら睡眠不足を解消できるのか、というわけですが、実は本当に簡単なことなんですよね。

・部屋の電気を真っ暗にする

・耳栓を使う

・室内温度を上げる

などなど。

人は眠くなる前に体温が上がるというのは知ってましたが、まずは周囲の温度を上げることが重要みたい(かといって夏の熱帯夜みたいなのは逆効果でしょうけどw)。

寝る時に真っ暗にできないという人もいるかもしれませんが、それが睡眠不足を招いているのなら元も子もありません。

寝る前に○度のお風呂に入るとか布団の中の温度は○度が最適とか細かい話を出すといろいろあるみたいなのですが、重要なのは心を休めること。「寝ないといけない!!」と思わずに「横になるだけでもいいやー」という軽い気持ちで布団に入ることが重要みたい。

特に眠れない時間が続くと明日の学校や仕事の事を考えてしまって強迫観念にとらわれたりしますが、そういう時こそ落ち着いて心を無にするべきみたいです。

サイトでは他にも心療内科漫画をいくつか公開されていますので興味のある人はぜひ。