あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

アーク精霊 inやってみた2

やっぱりまだ序盤。ダーク編楽しいなあ。

「俺に逆らうな!」

現在ダーク編第一章。

サントラの曲名見たらダーク編フィールドが「覇王への道」になってるんですがダークって覇王になるのか!?w

というわけでダークとカーグの関係が非常に気になる。ダークは自分も魔族としてすべての魔族たちを幸せにしたいと思ってるのに対してカーグは魔族から人間を守るという目的みたいなわけですがこの二人って兄弟じゃないのかなあ。。

どうにもストーリー展開が気になるところです。まあチャート見た限りではそんなに長い話でもないみたいなんですけどね。

ところで前回書き忘れてたんですが、このシリーズは武器を買い換えるという概念がなくなってるんですよ。

なんでも「長く使っている武器には愛着も沸いているだろうから」という理由で新しい武器をほいほい買い換える今までのRPGとは一線を画すシステム。その代わりに改造アイテムとして「照準機」や「火炎パウダー」などのアイテムをセットさせて元の武器にさまざまな追加効果を増やしたり攻撃力アップさせたりする、といった感じです。

これはなかなか面白いですね。逆に言えば新しい装備での着せ替え的な楽しみはなくなってるわけですが。

ちょこちょこと前作シリーズの名前が出てくるのもちょっとした楽しさ。ダークの暮らしている界隈は昔のアルディア地方だったようで、プロディアスがあったあたりだそうな。

魔族たちは過去の人間の残したものを利用して村みたいにしている設定のようでプロディアスやインディゴスだったのかな?と想像できるような近代都市の廃墟が出てきたりすると感無量です。

アークはもっとシリーズの絡みを出すべきだと思うの。新規ファン獲得のためか新作なほど前作との繋がりが薄れていくように思うんですが。ジェネレーションは別の意味で前作ファン裏切ってるし。。

攻略本にキャラ設定詳しく載ってるのかなと思いましたがそうでもないみたい。前作キャラたちのその後などはやっぱり想像と妄想で補完するしかなさそうですな。