あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

PS3 inハリーポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
(2007/11/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る

あまり映画などが原作のゲームはプレイする気にならないのですが、こればかりは買って良かったと言わざるを得ない。

難点と言えばちょっとだけ操作性が悪くてグラフィックが中くらいという点。といってもWii版やDS版などもある手前この仕様は仕方がなかったように思います。個人的には気にならないレベルでした。

ホグワーツ城の放浪が一番のプレイポイント。

映画では部屋ごとのカットばかりで良く分からなかった城の全体図が見事に浮かび上がってます。

「不死鳥の騎士団」をなぞらえたストーリーを追いかける中で発生するいくつかの頼まれごとや任務をクリアしていくのが大まかな流れ。

頼まれごとと言ってもなんてことはない「○○にある○○をとってきて」といったようなお使いなのですが、ホグワーツ城をうろつけるというのが最大の楽しみ。こればかりは映画を見た人にしか理解してもらえないかもしれませんが。w

ハリー視点で物事は動き、随所で魔法を使ったり仕掛けをいじったりすると謎が解けたり先に進めたり。PS2ICOみたいなアドベンチャー風味にできあがっています。

魔法も原作&映画に忠実。「ウィンガーディアム・レビオーサ(浮遊呪文)」「レダクト(粉々呪文)」といった基本的なものしか使えませんが実際にそれらを使って城内や外で謎を解くのがまた楽しい。

敵対者との決闘も力が入ります。「エクスペリアームス」で吹き飛ばしたり、「ペトリフィカス・トタルス」で硬直させたり。RPGのように一定ライフは表示されていませんがやはり何度も喰らうとゲームオーバーみたいなことになりそうな気配。といってもハーマイオニーやロンなどの仲間も一緒に戦ってくれるので慣れてなくても心配なし。

なんといっても城の中を自由に歩き回れるのが楽しくて仕方ない。こんな部屋があったのか!とかこんな風に繋がってたのか!という新発見が今さらながら膨大です。

惜しむらくはクィディッチ関係が皆無ということ。。これは原作通りとすれば仕方ない話ですけどね。w