あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

FF13 inアルチマニアオメガ

ファイナルファンタジーXIII アルティマニアオメガ (SE-MOOK)ファイナルファンタジーXIII アルティマニアオメガ (SE-MOOK)
(2010/09/30)
スタジオベントスタッフ

商品詳細を見る

やけに安売りワゴンセール状態だったので買ってみました。

知らない事実がいくつか見つかりましたが後はまあ、そこまで凄い内容でもないかな。

過去のアルティマニアシリーズは一部を除いて今でも普通に生産しているようでちょっと探せばかなりの格安でさばかれてるのがありますね。まあ便利なので良いのですが。

オメガはネタバレ確実な設定資料集なので普通のプレイヤーさん(特にED見てない人)にはオススメできないかな。

アルティマニアオメガの項目は冒頭の絵コンテ等を除いて大まかに三つに分けられています。

「シナリオ考察」ではセリフ集+イベントシーン集を兼ねたすべてのストーリーの解説。ここにはセリフの裏に込められた各キャラの心中や言動の理由も明らかになってます。クーロンズゲートの公式ガイドブックみたいな感じ。

次の「The Art of FFXIIIはその名のとおりイラスト集です。CGにされる前の企画段階でのアートスタッフさんたちのイラストがほとんどすべて(?)載ってます。ポスター用イラストや小物、大物などのモデル、モンスターや召喚獣NPCなどもすべてここに描かれています。

とはいえそのままゲームに流用されたのかといえばそういうわけでもなく、だいぶ没にされてしまったイラストも多い様子。他の人が描いていたイラストを別の人が後から加筆したりすることも多いようで混合合作みたいなイラストも多いようです。開発締切に追われて画質<スピードで仕上げたものもあるみたい。

ただゲームでは一瞬しか見れないようなものもここでじっくり見ることができるのが良かったですね。

最後の「オメガのあかし」はそれ以外の雑多な資料集。声優インタビューから始まりストーリー中での仲間キャラセリフ集(そのセリフを手際よく聞くコツ、聞けるポイント説明等含む)、また開発者インタビュー、そしてグッズ名鑑となってます。

仲間キャラセリフはこんなにあったのかと驚きましたがほとんど同じような内容ばかりのようです。とはいえわざわざボイスをつけてくれたわけですから聞けるところは聞きたいと思ってしまいますね。

全体をペラ読みしてみて驚いた設定としては

「グラン=パルスの上空にあるのは成層圏・宇宙ではなく海」

召喚獣を呼び出す呪文のようなものが各種存在していた」

「バトル画面の構図が北斎の富士山画をモデルにしていた」

「ヴァニラ胸揺れシーン」

「断章の読み解き方」

などなど。

次点としては「ライトニング宅の外観や内部もしっかり作られていた」「スノウがニッと笑う理由」「ヴァニラが祈りを込める理由」「各キャラの刻印が進んだポイント」あたり。


「グラン=パルスの上空にあるのは海」

これがあるのはイラスト集のコクーンイラストのところです。

"グラン=パルスの大気圏を抜けた先には、宇宙ではなく海があるんですよ。つまり、コクーンの上空に海があるんです"上国料さん

これは実に衝撃的。一瞬コクーンのこと(人工的な海が周囲を覆っている)かと思いましたがそうではなく、コクーンやグラン=パルスのある星(?)そのものの上空にあるのが海というわけだそうです。だとしたら星や雲や太陽(ファルシ=フェニックスではなく)はどういう理由で浮いててどういう理由で見えてるのかということも気になるところ。

なんかそんなリージョンがサガフロにあったなぁ。あれはオウミだったか。

召喚獣を呼び出す呪文のようなものが各種存在していた」

これは割とカッコ良かったので晒してみます。

"宙を貫き轟く雷(いかずち)よ、エトロの恩恵によって、見えざる世界より現れたまえ"→オーディン

"氷雪を支配する双子の姉妹よ、エトロの恩恵によってry"→シヴァ

"華麗なる業火をまとう乙女よ、エトロの恩恵によってry"→ブリュンヒルデ

"万物を見守り裁く神聖なる城よ、エトロの恩恵によってry"→アレキサンダー

"虚空を貫く千の腕よ、エトロの恩恵によってry"→ヘカトンケイル

"時空に生じた漆黒の閃光よ、エトロの恩恵によってry"→バハムート

さらにもうひとつ、召喚獣契約の文句もあったりした。

"血に刻まれた宿命の絆によって、オーディンとの契約が結ばれる"

"永遠に融解しない絆によって、シヴァとの契約が結ばれる"

"燃え盛る光明に導かれし絆によって、ブリュンヒルデとの契約が結ばれる"

"真実に祝福された健全なる絆によって、アレキサンダーとの契約が結ばれる"

"万物をねじ伏せる剛力の絆によって、ヘカトンケイルとの契約が結ばれる"

"荒らぶる御魂の共鳴が生む絆によって、バハムートとの契約が結ばれる"

これらは召喚獣が出現する時に出ている魔法陣に描かれている言葉みたいです。そんなの見えねー!w

「バトル開始画面の構図は北斎の富士山画をモデルにしていた」

これはまあトリビアみたいなものですが、やはり歴史に残る名画を基盤にすることで温故知新となっているようですね。確かにバトル開始時は敵の配置と味方の配置がわかりやすくなってる気がします。すぐ混戦になるのでワケワカメにはなるんですが。w

「ヴァニラ胸揺れシーン」

あったのかチチ揺れ…!一瞬クリスタルから復活して落っこちるシーンかと思いましたがなんと2章で下界のファルシに入り込んだ時に着地したシーンがそれらしいです。さらになんとホープの目の前での展開なんですが。w

でもホープも後にヴァニラに冗談っぽいながらも告白めいた発言もするし、意外と積極的なんだよなぁ。やっぱりカップリングなのかこれは。

「断章の読み解き方」

これはちょっとクリアしてないのでなんとも言えないんですが、クリア後(?)にオートクリップに記載されていく断章の神話めいた文章をわかりやすく解説しています。ネタバレの理由からあまりじっくり読んでませんがファルシやルシの作られた理由などが解明されているみたい。

暇な時の読み物としてはなかなか面白い内容です。特にセリフ+イベント集はFF13を実際プレイしているかのような体験を味わえます。