あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

コンビニおにぎりの謎

常々思っていた事なのですが、コンビニおにぎりって妙に美味い。お弁当も同様ですけど。

なんといっても冷めても美味い、もちろん温めても美味い。ちょっと小腹空いた時など何気なく食べていますがどんな状態でも美味しいというのはちょっとできない技だと思います。

とはいえ、それは添加物や化学調味料による効果と言ってる人もいますし美味いから良いで済むかはまた別の問題でしょうけどもね。

でもセブンイレブンなどでは添加物は一切使用していないと明言してますし(本当か嘘かはともかく)、やっぱりそれ以外の何かがあれば自宅でも「コンビニおにぎり」らしきものは作れるのではないかなーとか。

さて調べてみたらありました、コンビニおにぎりの作り方。

冷めても美味しい♫コンビニおにぎりの秘密

レシピを見ると塩とサラダ油を使うらしい。塩はなんとなく入れるとは思いましたがなんとサラダ油も入れていたとは!

コンビニおにぎりには油ギッシュな米が使われてるから危険だって

一方ではこのような話も。

おにぎりを美味いと感じる人と不味いと感じる人とで分かれるのは知っていましたが、不味いとする人は油の存在が気になるんだからだそうです。油は保存料の代わりに入れるもののようで、これを混ぜておけば腐食や腐敗を防ぐんだそうな。

うまけりゃいいんだよ!って人と、質の良いものを食べたい!って人とで分かれるとは思いますが、コンビニに高品質を期待するのがそもそも…なのかもしれません。というわけで私は前者、これからもコンビニおにぎりや弁当を食べるでしょう(●´x`●)