あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ニーア inもうすぐ少年期が終わる…

こちらも自重の意味もあって停滞させてましたがしばらくぶりに進めましたよ。

現在、神話の森クリアしたところ。もうすぐ少年期が終わるようです。

さて起動してまっすぐ畑に行ったら全部枯れてて思わず吹いた。改めて調べたら栽培の育成速度はリアル時間が関係していたようで、一段階ずつ数時間単位で移行して収穫可能となる第四段階を迎える仕組みらしい。さらにほっとくと枯れてしまうわけです。

リアル時間が関与するとは迂闊だった、というか忙しい社会人ゲーマー殺しなシステム。花などは枯らす事で種をゲットできるのですが、野菜全般は収穫してはじめて意味があるもの。クエストでも使うのでちょこちょこ見ないといけないわけですね。

PS3の本体時間を操作して収穫しまくるという裏技もあるようですがスルー。というかリセット繰り返す作業みたいなのが好きじゃないだけなんですが。。

一通りクエストを終わらせてロボット山へ。

ボスはなかなか楽しかったです。ザコが大量に出てくるところは辟易しましたが、爆弾を口の中に投げ込むというアクションが武蔵伝みたいで良い。でも薬草などがほとんどゲットできないので終始カツカツでした。

しかし港町の灯台老婆イベントにしろロボット山の母親にしろゲーム全体の雰囲気は穏やかなのにイベントは悲哀系が多くて参ります。ロボット山の母親はどこに逃げようとしていたのかは気になるけど。

続けて崖の村でトカゲみたいなボスと戦闘、カイネが仲間に。

どうもボスや魔物大にアタックゲージが出た時にどの攻撃をすれば致命打になるのか未だに分からないという。アタックゲージが出た時に△で攻撃するのか、それとも普通に□で攻撃するのかどっちかに分かれる気がする。

ここのボスもその意味ではえらい苦労しましたが、攻略サイトには衝撃波はジャンプで避けろとかあるのですがそれをやると二回目、三回目の衝撃波をモロに食らう。黙って防御するのが一番安全でした。

また最後の戦闘時は相手の足の後ろに回りこんでサクサク斬ってれば終わりました。ここにいると敵の出した弾なども足で阻まれて消滅してくれるし、突進攻撃しても完全回避可能。カイネがうろうろしてオトリになっててくれるのも楽だった。

クエがまたできるようになっていたので崖の村の恋人に手紙を届けるというクエをやってみました。これが最悪。

トカゲボス以上に強いんですけどこの魔物大。同じのが南平原にも出てましたがそっちは攻撃を一撃でも喰らうと即死するのでスルーしまくってたんですが、これも強い。まだ即死はしませんが遠距離のカマイタチみたいなのを3発も喰らうと死ぬレベル。

なんとか倒したけどさ。やっぱりアタックゲージの処理に困りましたけどね。

お次は仮面の街へ。今までにない複雑なダンジョンのような街の有様にビビりましたが、ボートみたいなのに乗ってれば迷う事なさそうで逆に楽しい。

イベント後に砂漠の神殿……ここがこんなに苦労するならセーブして終わりにしたかったんですが、突き進んでしまったのが運の尽きでした。

各部屋の○○禁止ルールはまあ苦労はしましたがアクションっぽくてまだ楽しい。問題はボスなんです。赤い箱を狙って打ち抜くというアクションの延長は最初は楽しいと思いはしましたが集中力が続かないほどに長い。いったい何形態あるんだ!

黒の弾を主体で使ってましたがあまりにも当たらず途方に暮れて防御しつついろんな位置に移動しては誤爆して黒弾喰らったりなんだかんだと一時間近く掛かってやっと撃破。途中からカイネが出てきてくれて良かったよ。

続けて神話の森。ここはボスもおらず楽に終わりました、いきなりサウンドノベルになってるのは何故なのか。

選択肢は攻略サイトのお陰で間違えずにクリアできましたが、もし間違ってたらどういう結果になっていたのかちょっと気にはなる。

これから残ったクエを終わらせて少年期ラストまで突っ走ってみます。青年ニーアを見てみたいのもあるがw