あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

地震、波紋は続く

まだまだ地震の被害による波紋は続いています。

被災地の皆さんにははやくまともな食事、まともな生活をしていってもらいたい。せめて寒さだけでもやわらげば違うと思うのですが…。

被災地画像スレ

被災地でのナマの写真を沢山提供してくれている被災者さんがおりました。

マスコミがかき集めたVTRよりもより現実味を帯びて見えるのは被災者さんの体験談が混じえられているから。写真の光景も壮絶な有様なのですが、特にこのようなお話にびっくり。

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/20(日) 20:12:43.38

今避難所生活してるのか?

>>26

避難所は「家残ってるのになんでいるの」って噂になって居られなくなった

家の中はグチャグチャなのにね

地方では噂話やそれに乗じた悪口のようなものが立ちやすいというのは承知していましたが、まさか避難所生活民同士でこのような噂話が立つとは驚きました。

もちろんみんな精神的、肉体的に限界に来ている中でつい心にもない事を……という面はあるかもしれませんが、それにしても同じ被災者同士頑張ろう、という空気ばかりではないのですね。

【動画】津波から逃げるTBSカメラマン危機一髪      か?

こちらはマスコミさん提供による津波直前の情景。

当初は地震の発生を取材していたようですが、六分後に津波が来るという速報を必死に伝えようとしていたところに津波到来、「やばいやばい、来る来る!」とプロのカメラマンですらもカメラを放り出して逃げようとしているシーンなどは映像以上に恐怖が伝わります。

でもその後、しっかり津波被害者さんたちにインタビューをしていたりなどやはり「テレビカメラマンだなあ」と思ってしまいました。現状を伝えるのはこの時ばかりは大事なことなので皮肉ではありませんよ。

(´・ω・`)なあ俺たちでヒマワリを植えまくる運動しないか?

さて、こちらは放射能関係の話。

ホウレンソウやら農作物が被害に遭ったという話や、福島から都内へ逃げてきた人たちがホテル宿泊を拒否されたなどの聞いていられないような話も出てきているのですが、そんな中でひとつの朗報が。

なんとヒマワリには放射能物質をたった20日間で95%まで除去するという性質があるようで、とにかくみんなで育てみないか、という話。季節的に考えて難しいのですが、もし成功すればうまくいく可能性が期待できそうです。

植物は普段から酸素を提供してくれる人類の救世主。こんな時にも役に立ってくれると思うと、やはり植物こそ人間が死ぬ気で保護してあげなければならない存在なのかもしれませんね。