あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ニーア in五年後

やっと少年期が終わったよ!ニーアがあまりにも変わりすぎて吹いた、ほとんどガッツレベル…。

主人公の村~エミール加入。

エミール初登場、でも実は公式サイトで姿を見ていたのでカイネの時ほど驚きはしませんでしたがバトルはなかなかに強い。石化とかイコール即死。とてとてついてくるのもまたカワユス。

お次の村のボスはかなり苦戦しましたよ。序盤はまだ余裕ぶっこいてましたが門の上に登れるとニーアがヒントを喋っているのにも関わらず振り下ろされる手を集中攻撃していたまま死んだらちゃんと門の上からスタートしてくれて助かった。

星のカービィ洞窟大作戦のボスを思い出しますね。魔物が無限に出てくるのが鬱陶しいだけで。

図書館前の攻防戦では空中にアタックゲージが出やがるのでジャンプ攻撃してたら当然間に合わなくて二回もやり直すハメに。なんだ黒の槍を当てれば良かったんじゃないか。

ボスに限らず普段からあまり魔法攻撃しないんですよね。脳筋馬鹿。今回のボス戦で初めて黒の暴食とか黒の障壁とか使ってみてその便利さに思わず脱帽。これからはうまく使っていくことにしよう。

図書館内で黒い本&タコ形態のボスと戦闘。

黒本=FFTの攻略本……という冗談は置いといて、やっぱり魔法使わず(使えないんですが)突撃勝利。ざくざく斬ってればページも消えるし、後は黒弾とか注意してれば平気ですね。

イベント後ヨナ失踪&カイネ石化、五年の歳月が……長っ!

そしていきなりガッツのような転進を遂げるニーア…まあ最愛の妹を失った結果なのでしょうが、修羅の道を歩みすぎ!

個人的には少年期の白の本との和気藹々かつ丁々発止としたやりあいが見てて面白かったので、青年ニーアの反応が少なかったり暗かったりするのはいまいちかな~と思ったらカイネやエミールが仲間になってきたらどんどん会話が増えて楽しくなってきた。

とりあえずエミール加入後、カイネ石化解除。

洋館ボスはなかなかに苦戦しました。なんせ魔法は使い慣れてないっていうのに完全魔法戦。しかもWA2のオリヴィエみたいにキモいし!まあ砂漠の神殿ほどじゃないからいいけどさー…。

やっぱり防御は秀逸。下手に回避するより防御してたほうが安定する。防戦一方になりがちなので適度に攻撃も交えないといけないのですが、洋館ボスみたいにやたらめったら弾発射するボスは防御して弾の合間をかいくぐりながら接近するという戦法が使える。弾幕ゲー並みなんですもの。。

エミールの新姿は確かにビビりましたが、ジャックフロストみたいな愛嬌はあるなあ。w

浮遊できるのすごい。カイネはハシゴを登るというAIがないようでニーアがハシゴを登って先行するとジャンプしまくって結局最後はワープさせられてましたがエミールは最初から浮遊して来てくれるのが頼もしい。回復魔法も良い!攻撃魔法はほとんど当たってない&弱いみたいですが。w

カイネの攻撃もあまり強くないんですよねー、と思ったら敵のほうが強くなってるのかなこれは。

仲間の武器とかも鍛えたりできれば良いのに。仲間のレベルとか使ってる魔法とかも一切不明だし、もっと言えばステータス関係がまったく分からない。ダメージ食らっても別に平気そうにしてるから死ぬ事はないみたいですが。

でも実は設定資料集&ガイドブックを買ってしまったので少しはこの辺も分かるかな。楽しみ。

仲間が揃ったところで各地を放浪してクリアできるクエだけでも終わらせました。ついでに大剣と槍も使用可能になったので慣れる意味もこめて北平原など周回。大剣はいまいち使い慣れないけれど槍は楽しいなー。

仮面の街でつい不死鳥の槍とかいうのを買ってしまいました。高いけど強い!これ一本で今のところ敵なし。ワードで攻撃力アップとドロップ率アップをつけてみて楽しんでます。なんたって突進攻撃が楽しいのだ。知らないうちにダメージ食らってたりするけどさ!

弱点は通常攻撃でもあまり広範囲に攻撃できないことか。槍なんだから振り回したりなぎ払ったりして範囲攻撃もできたらいいのに。必殺技みたいなのも隙が大きい。

クエは本気で難解になってきたのでストーリーを適度に停滞させつつこなしていこうかと思います。