あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

PSVita、どーなることやら

PSVオフィシャルサイトTGSを境に更新されて、いろいろとPSVについて再読してきました。

背面タッチパネルとかアナログスティック2本とかカメラ&マイクなど楽しみにはしていたのですが、それ以外の気になる難点もちらほら見つかってきたよ。

・ぼったくり3Gネットワーク機能

つまりは携帯コンテンツが使えるようになる、という機能について。ここだけはドコモが提供してるらしいです。別に電話やメールができるわけじゃなくて携帯コンテンツゲームと接続して遊べるだけというものですな。

それはともかく、なんとこれは通信料が掛かります。まあ携帯で遊べるものをPSV用にしてくれている手数料と考えれば当然かもしれませんがそれにしても100時間で5000円ってちょっとボッタクリ過ぎではないだろうか。普通の携帯のほうがまだ安いですよ!

というわけでお子様にはまったく向かない価格にまとまってます。まあ携帯コンテンツでなんて遊ばないという人には単に要らない機能なんですけどね。私もそうだよ。

・メモカが専用に…

PSPで使っていたメモリースティックPROデュオがなんと非対応。PSV専用のメモリーカードが必要になってきます。これもまた4G、16Gと4の倍数ごとに容量が増えていくのはメモステと同様。価格も同じくらいだし。なんたる手抜き。

いずれ非純正の安いメモカが販売されるようにはなるでしょうがそれもまだ先の話、とりあえず遊ぶために4Gを買おうにもなんかもったいない気がするんだよな。DLとかいろいろやってたらPSP以上に容量足りなくなりそうだし。なぜメモステを使えるようにしなかったのか!

しかし塊魂ノ・ビ~タとか真かまいたちの夜とか気になるのが発売予定なのでやっぱり買ってしまうと思います。3Gじゃないほうでも結局3万近いのか…くッ、完全にソニーの犬!