あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ぼのアニメと最近のぼの語り

1話からUPしてくれてる人がいてまったり見てました。

でもやっぱりコミック版とは違いますね。独特の雰囲気が無い。

声優さんの喋り方とかはとてもマッチしているのでそれだけでも嬉しいし、ストーリーも原作から持ってきたものだけでなくオリジナルのもある上で原作破壊なんてことは一切ないんですけども。

どうして違和感あるのかなぁ。うーん。でも面白い。

ところでコミック版の話ですが、最近ぼのぼのやスナドリネコさんも怒りマークで激怒したりするのがちょっと、という人がAmazonレビューでもちらほら見かけます。

私も最初はぼのぼのがマジギレ?」とかなりびっくりしてましたが、それもこれも大人になったということなんじゃないかなあと。

ぼのぼのに限らず、アライグマくんが妙に達観したようなセリフを言ったりシマリスくんが腹黒くなったりしてるのもぼのぼのたちがみんな色んな経験を経て大人になってきたからじゃないかと思うようになりました。

確か初期の年齢設定としては11歳前後ということがあった気がするので、今みんなは中学生くらいになってるんじゃないかな。アライグマくんの恋愛話のみならずぼのぼのの恋愛話も出てきたことだし。

大人になるっていうのは甘くないことなんだぜ!なにを知ったような口をというところですが、たぶんそんな感じだと私は思ってます。

これからどんな風に成長するのか、実に楽しみにコミック買わせてもらいますっさ。