あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

PSP版俺屍 in PS版との相違点を論ってみた

動画もうpしようかと思いましたがPVがあったので。

今のところ2代目となりました。各地うろついたりしてPS版との相違点らしきものがちらほら見えてきたので語ってみます。

・戦闘時の顔グラフィック

PV等でも出ていますが、戦闘時に体力、技力の横に顔グラフィックが出ています。それだけ?と思われるかもしれませんがこれがあるかないかだとやっぱりだいぶ違う。ただでさえ入れ替わりが激しい一族の顔ぶれにさらに愛着が沸いてくるというか。戦闘画面のキャラグラフィックはPS版同様、汎用的なグラフィックなので顔で判別できるようになったのはちょっと嬉しい。

そういえばPSP版FF4も戦闘時の顔グラがあったなぁ。流行なのか。

・移動時の隊長グラフィック&移動方法

ダンジョンやフィールド(マップ)移動中、隊長となるキャラのグラフィックが出るわけですがこれがPS版みたいに動きの少ないものではなく、アクションゲーム並みになめらかに動き回ってくれるのが嬉しい。グラ自体は職別・男女で異なりはすれど汎用的なものなのですが。特にマップ画面ではPS版だとキャラはただのアイコンみたいな役割しか無かったものがあちこち自分で動かせるようになってるというのにちょっと感動した。

また、移動はすべてアナログパッドで動かします。十字キーで術画面とかステータス画面などにショートカットできるという仕組み。モンハンにちょっと似てますね。もちろんPS版で慣れた人にも嬉しい△や□ボタンでのメニュー画面表示もそのままです。

・天候

ダンジョン探索時などに突然大雨が降ってきたりして火技ダウンなどの障害が発生するというシステムが組み込まれた様子です。雨の場合は実際に雨が降っていてかなーり視界が悪いことに。鬼シンボルもまったく分かりづらいというほどではないまでも見づらくなってリアル。

・口癖、趣味、風評、自慢、こだわり……

完全にランダムだとは思われますが、一族の人物それぞれに口癖や自慢といった簡単な性格的な一文が。ゲームをする上では特に関係の無いものみたいですがやっぱり愛着が沸いてくるのは事実です。風評が「泣き虫」、得意が「ウソ泣き」のキャラが同時に居たりするとどれだけ泣きたい一族なんだと思ってしまいますな。w

・PSストアで販売開始!

初回生産分のレア神様云々が無くなるだけで製品版と同じものがDL販売開始してます。UMDのシーク音など気になる人はこっちのほうが安いのもあるしオススメかも。

今のところの相違点的なものはこれくらいですが、まだ代々の刀とか怪しい店とか出てきてないのでこれからですな。復興システムでもPS版とはまた変わったイベントとかあるみたいで楽しみ。