あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

アニメ in東京マグニチュード8.0

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第5巻 [BD] [Blu-ray]東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第5巻 [BD] [Blu-ray]
(2010/02/24)
花村怜美小林由美子

商品詳細を見る

ツタヤのレンタルで借りる事にしてみたよ!

アニメなんですが結構リアルでシリアス。ちゃんと綿密に地震データなどを取られた上でアニメ製作しているようです。決して空想上の話ではなく、実際に起きるかもしれないと思って見るとまた違う。

2012年7月21日、土曜日。夏休み初日、中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴のお守りとして、一緒に東京のお台場へロボット展を見に来ていた。最近何かとイライラしていた未来は、「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」とインターネットに書き込む。

その時、マグニチュード8.0の海溝型大地震が発生し、地面が揺れた。レインボーブリッジの崩壊、東京タワーが倒壊するなど、東京が大きな被害を受けている中、未来と悠貴はお台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理の力を借りて、世田谷の自宅へ帰ろうとする。

ウィキペディアより)


今のところ見たのはDVD第一巻、物語開始~地震発生までってところです。

姉弟がお台場から家に帰る、という目的からするに「家族」というのがメインテーマなのでしょうが、主人公の未来を主体とした成長記みたいなものでもあるのかな。この後の展開はまったく知らないので楽しみという事で。

3.11を直接体験しないまでも余波的な体験をした今だとまた違った趣で鑑賞できますね。何度も取り沙汰されているように東京に地震が起きないなんて保障はどこにもないのですから、このアニメとまったく同じといかないまでも似たような事になる日は近いのではないかと思います。