あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

FF13 inみっそん中

実際のところ、アルカキルティからまったく先に進んでないです\(^o^)/

ずーっとヤシャス山(亡都パドラ方面)のミッションを続けてましたよ。六死将って初めて見た。

アルカキルティ大平原は広過ぎて逆に迷うって感じですがヤシャス山付近は一本道だらけで特に迷わない……のは良いとしてもザコがいちいち復活する上に一本道である以上避けて通れない場合も多く、仕方なくぷちぷち倒してました。

しかし前回のこの時点は苦戦しまくったスヴァローグはかなり余裕で倒せるように。トリフィドがセットで出てきてもピンチに陥ることがなくなった。ゴルゴノブスレヤック&ランダあたりは既に最下級ザコ、頑張ればキングベヒーモスメギストテリウム、アンフィスバエナも普通に倒せる。まだ挑戦してませんがサボテンダーもこの時点で倒すことは可能みたいですし。

アルティマニアには「キャラクターより巨大な敵がいたら戦うのを避けるべき」とありましたが、実際のところはアダマンケリス以外はなんとかごり押しででも勝てる事が判明しました。

やっぱりエンハンスとジャマーをうまく使うのが鍵なんだなあと改めて思います。FF13至上最強に属するロングイのバトル動画など見るとフルエンハンス状態をキープできるかどうかがまずの前提みたいに言われているし。そのうち他のキャラを育成すればどの構成でもエンハンスとジャマーを使わせることができるようになるとは思うものの、今の時点ではサッズとホープに頑張ってもらわなければならないです。

ジャマーもバカにできない。ウィークとスロウが効くだけでガラッと戦況が変わる。ダルやフォーグなどもあれば良いのですが、効くのであればやっぱりスロウに勝る物なし。その上でヘイストがあれば尚良い。

ヘイストはFF10の頃からなんだか強敵対策の上では必須魔法になってきてますね。もちろんフル・アクティブバトルである以上スピード命という部分はありますが、このために普段使わないようなキャラも日の目が見れるというのも個人的には大きい。FF10ではティーダがヘイスガを早い段階で覚えていたのでそのままでしたが、普段はあまりバトルに入れていなかったサッズを今回は全力投球させてます。

ファング+サッズ+ホープが今のところの強敵対策パーティー。ホープもガ魔法が揃ったのでなかなか強いのです。

ひとまずストーリー攻略はお休みして、クリアできそうなところまでミッションを進めてみようかなと思います。せめてチョコボが欲しいなー。