あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ドラクエ3の思い出語ろうぜwwwwww

RO復帰してからというものブログ更新忘れるほどのめりこんでしまってますが、ちゃんと生きてます。w

やっぱりWIZ楽しいなぁ。鯖統合されるようですがどうなるのか心配。

ドラクエ3の思い出語ろうぜwwwwww

さて話は変わって。なつかしいスレネタがあったものでつい。

DQ1ではひとり、DQ2では3人PTだったDQですが、DQ3はいきなり4人PTのみならずルイーダの酒場で仲間登録という他のRPGと比べても非常に特殊な仲間システムが採用されたシリーズ。また、復活の呪文が廃止されて冒険の書というセーブデータ方式になったり、ラーミアという初の飛行系乗物が登場したり、アリアハン等ある世界とアレフガルドのふたつのワールドマップで冒険できたり、そしてなんといっても精霊ルビスやロト伝説につらなるその後のストーリーへの序章という意味でのサブタイトルの至高さ。「そして伝説へ…」。

個人的にDQシリーズで思い入れが一番強いのはDQ4なんですが、システム面やそれまでのシリーズからの飛躍的な進化という意味ではDQ3は確かにすごい位置を占めていたと思います。実際のところDQ4DQ3と比べても仲間がルイーダ方式から普遍的なRPGのようにキャラ性を持たせただけで他の部分の進化はあまり見られませんでしたしね。むしろダーマ神殿の転職システムがなくなってやり込み度が落ちたとすら思ってしまった。やはりDQ2DQ3の変化っぷりがあらゆる面ですごかったと思っています。

特に復活の呪文システムの廃止はかなり嬉しかったもんです。代わりにデータが消えた時のBGM(SE?)に恐怖感を覚えるようになってくるわけですが。w

さてさて、より入り込んでDQ3プレイ中のあれこれとして考えるとあちこちでのトラウマの数々を思い出します。小学校低学年くらいだった当時、まずはアリアハンからロマリアに行くまでが大変。ナジミの塔に行き忘れたとか魔法の玉の場所が分からないとかでだいぶ右往左往していた記憶があります。またレベル上げもほとんどやらずに突貫してきている場合が多いのでアルミラージやバブルスライムに簡単に殺されたり。特にロマリアまでの洞窟で出てくるキャタピラーx2は今でも最悪のトラウマモンスターです。

船入手後はいきなり自由度が上がってしまい、セオリー通りジパングに行ってヤマタノオロチに軽くいなされたり(というかそこまで辿り着けずに火山で全滅パターンw)、スーやサマンオサなどレベルの高いエリアに踏み込んでしまいザコに殺されるというパターンが多かったです。特にダーマ神殿に入った直後のポイントなので転職などしてしまっていた場合はレベル1の仲間を連れてひいひい言いながら各地をうろつくハメに。

最後はアリアハンに戻ってスライムなどでレベル上げしてました。それでも苦戦したりしてたしなぁ。

オルテガカンダタとまったく同じ外見だったことは今でもがっかりしている声を聞きますが、まあ当時のFCのメモリー的には仕方ないことかなあと思っていたりもしました。そもそもFC版プレイの頃はそこまで辿り着けさえせず、オルテガ再会イベント以降に関してはSGC版での思い出のほうが深いです。隠しボスの神龍を倒すなど、最終的にやり込んだのもSFC版でしたし。

今からプレイしても普通に楽しめるFC、SFCのゲームは数少ないですが、DQ3はそのひとつだと思ってます。