あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

DS版クロノトリガー&学校であった怖い話S

今期のドラマ&アニメがスタートしてますが、継続視聴するのを物色中で時間かかってます。w まだ見てないのもあるし。

アニメではしろくまカフェとかつり球あたりのほのぼの系とアクセルワールド」「ZETMANが気になりました。Fateも二期やってるんですが、一期を見てないので今度まとめて何かで見ることになりそう。面白そうなんだけどなぁ。

ドラマは草なぎが出てる37歳の研修医とか、あとはまた刑事モノが多いように思いました。

さて、ゲームでは最近DSとPSPの交互プレイというか、片方が充電切れかけるまでプレイしたら充電してもう片方を…というプレイスタイルでDS版クロノトリガー学校であった怖い話Sをプレイしてます。

DS版クロノトリガーは今やっと太古。

DSの二画面操作がなかなか楽しいです。といってもタッチペン移動なんかやってませんが、ダンジョンなどで踏破型マップが下画面に作られていくというのが面白い。思わず全域踏破してマップを完成させたくなってしまいますね。これは単に自己満足というだけではなくてタイトル画面のギャラリーという項目でマップごとの宝箱の位置やマップのつながりなどを随時確認できたりするというオマケ要素があるようです。まあSFC版でほとんど暗記してるので無用ではありますが。w

他にDS版の新要素として闘技場というものが。これは簡易的なモンスター育成要素で、四属性のどれかのモンスターをもらって修行させて強くしてコロシアムで勝ち抜いていくというミニゲームです。モンスターを修行させていくとクラスチェンジというイベントを起こして姿が変化し、より強いモンスターへと生まれ変わっていくという。

まだ初期の姿のモンスターしかいないのでコロシアムなど遊び尽くしてはいませんが、少しずつ成長させていくのが面白いです。ただペットみたいに自分でモンスターに名前をつけたりできれば良かったなぁ。

ギャラリーではいろいろな視聴が可能で、PS版でも使われていた各種ムービーやBGM、モンスター図鑑や技リストなどが随時確認できるようになってます(ロードしたセーブデータの進行率準拠)。また、一度ゲームをクリアするとエンディングリストというものが追加されてマルチエンディングのコンプリート熱がアップ。簡単に発生フラグなども解説されてたりして後々まで便利そうです。

学校であった怖い話SはPSPアーカイブスプレイ。

SFC版でも同名ソフトがありましたが、それの進化版というか。SFC版よりも明確な実写がふんだんに使われていて、さらにムービーも普通に映画かなにかのワンシーンみたい。話自体は大筋でどれも変更がなさそうですが、追加されたシナリオや主人公の性別による変化などもあるようでじっくり楽しめそうです。

全員の顔とテーマBGMみたいなのが変化してしまったのがちょっと残念だったかな。