あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

PSP in俺に働けって言われても

俺に働けって言われても

久々にPSNをうろついていたら面白そうなのがあったのでDLしてみました。

引きこもり型RPG

主人公は引きこもりの成年男性、しかし両親が死亡してしまい滞納した家賃を払うために一切家から出ずに冒険をするという暴挙に出る…という設定の探索型RPG。かなりリアルな設定ながらヒロイン(?)の大家さんリリウムや他のゲストキャラもアニメ風でかなり狙ってます。

働きたくないでござる。

まずどういうゲームなのかというと。

主人公は家から出ることが出来ませんがこの世界には通信塔でのネットワークというものが存在し、それを使ってメールのやりとり等、つまるところはインターネットみたいなことができるという世界設定があります。これを使って冒険者をギルドから雇用し彼らとメールで連絡を取りつつ冒険者をチーム分けした後に目的地での戦闘及び採取の指示をして持ち帰ったアイテムの管理と売却、その他武器屋防具屋を建設したりそこから装備品調達し次の冒険に備える…といった行動をすべて部屋から出ずにネットを介してやることになるというもののようです。w

俺屍に似たような風味はありますが「主人公は引きこもり」という部分を強調している様子。メインメニューで「外を見る」というコマンドがあり、これを選択すると建設した道具屋等の施設を含めて町全体を一望できるのですが一度外を見るとやる気をなくして丸一日強制休日になるとか面白い仕掛けが。w

それ以外はというと生産型ブラウザネトゲとかでよくある感じで、必要な素材を集めたりボスを倒してみたりしながらダンジョンを攻略していくという流れに終始します。

雇用できる冒険者はエベイスト、シュバリエ、ウィザード、シーフ、クレリック、アーチャーという汎用ユニットのようなキャラですが、冒険を繰り返してレベルを上げたり訓練所でスキルを習得したりしてなんと上級職が18種類もあるようです。他にもDLC専用の職であるサムライやエクスキューショナーなども存在したり。

DLCにちょっと触れましたが、このゲームは本当にDLC依存ゲーム。課金特殊職や課金装備品はもちろんのこと、ドロップ率アップや依頼報酬金アップ、しまいには所持金すらDLCで直接購入できたりしていきなり滞納家賃を綺麗にしてしまえたりも。どのDLC金額も100円~150円くらいまででそこまでバカ高いわけではないのですが、ドロップ率アップ等のDLCはセット効果といいますか、同系統のアップ系DLCと同時使用することでさらに倍アップするみたいなものもあったりするのでどんどん揃えればすぐに1000円くらいにはなってしまいます。

そこにゲーム本体がまず1000円するので2000円前後くらいにはなるという計算。

とはいえ、最近のDLC型ゲームは2000円前後するものも多いことですしそこから考えれば妥当な価格ではあるのだろうか。まだクジのようなシステムがないだけPSPDLCは良心的と思わざるをえない。