あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

トーキョージャングル買ってみた

TOKYO JUNGLE (トーキョージャングル)TOKYO JUNGLE (トーキョージャングル)
(2012/06/07)
PlayStation 3

商品詳細を見る

やっぱり結局買っちゃいました。最近ずっと新作ゲーで遊んでないのでついついという面もある。

しかし想像していたのとはちょっと違ってましたね。

まず50種類以上の動物から選んでサバイバル~というサバイバルモードですが、いきなり50種類の中から選ぶ事は出来ません。最初の段階ではポメラニアンニホンジカの2匹しか選べず、この2匹でプレイ中に発生するチャレンジ(クエストみたいなの)をクリアすることで新しい別の動物が開放されるという仕組み。

ただ開放されてすぐ使えるかというとそうでもなく、「サバイバルポイント」という生き残った経過年数などから換算されるポイントを消費して購入するみたいな形のようです。

他のチャレンジ内容はどの動物もだいたい似たような感じですが、新しい動物の開放だけがそれぞれの動物ごとに異なるみたいな感じ。PSNで購入するDLC専用動物みたいなのもあるみたいですがこっちはまだ良く分からないです。

主人公は基本的に草食動物か肉食動物かで生存方法がだいぶ変わってくるのですがどっちにしても大変である事には変わりはないです。

草食動物は確かに他の肉食動物に追いかけられたりしてガンガン逃げ回らないとすぐ死んでしまいますが、その代わりに路上の草を見つけられれば安全に空腹は満たせます。草は動かないので繁茂している場所さえ確認しておけば随時食べに戻れるし、草食動物は足が速いものが多いので移動にも手間が掛かりません。巨大な草食動物なら少しくらいの肉食動物など駆逐できてしまえますし。

肉食動物は天敵が少ないぶん獲物を探し回るのにひと苦労。まんいち見つけたとしてもあっちも命がけというわけなのか逃げられまくってなかなか捕まえられません。ただ、今のところポメラニアンとネコの肉食動物でプレイしてみたのですが自分より大きな肉食動物でも群れさえあればなんとかごり押しで勝利できてしまうという面白さが。さすがにライオンやチーターなどの凶暴なものは無理ですが、オオカミやジャッカル程度ならポメラニアンでも倒せたりします。

なかなかリアルな世界観が作られているというのは理解できます。

ちなみにネコとかイヌなんか雑食動物だろー、なんて言われそうですが雑食動物=肉食動物に変換されてるようなのでこの二種類しか存在しません。w

一方で操作に関するちょっとしたやりづらさも散見されました。

まずは視界の悪さ。基本的に横スクロール状態(下水道など縦部分もありますが)で東京の街をうろつくわけですが、ミニマップでは他の動物の居場所は表示されていても種類までは判別できないのです(装備品等で変化するのかもしれませんが)。というわけで獲物だと思って接近してみたらライオンの群れだったなんてこともしばしば。できれば主人公動物主観の視点を追加してほしかったです。

また、他の動物も一瞬でどの動物か判断できないものが多い。決してグラフィックが雑すぎるとかそういうわけでもないんですが、主人公動物以外の動物は黒味がかって表示されていたりするのでヤギとガゼルがほとんど似たような見た目になってたりする。これは私の環境のせいなのか定かではありませんが。

これも困った要素として、東京のあちこちに定期的にスモッグというものが発生するのですがこれが出るとミニマップでの動物表示すら消えてしまい、特になんの警戒も持たずすたすたと歩いてたらいきなりクロヒョウの集団に囲まれたりしてひどい目に遭いました。w

常に警戒心を持てというわけでの仕様なのかと思いますが、夜+豪雨などになるとかなり視界が悪くなるのに加えてスモッグとなるともはや何に対して警戒すればいいのか分からない始末。

ただし途中で死んでも重ねた世代とそれによるボーナスだけは残るので喪失感は少なくて済みます。w

トーリーモードはサバイバルモードで手に入れたアーカイブスを集めないとプレイできないものが多いみたいで、やはりゲームそのものの醍醐味はサバイバルモードに集約されそうです。