あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

親父は昔、光の戦士だった。

2012y09m12d_061439556.jpg

「「そこに隠し通路あるぞ」 新聞を読みながら教えてくれた親父は、昔 光の戦士だった。」

ちょこっとgoogle広告を見かけて「おお……!?」と思ってしまったので。

どうやらPSP版FF3のキャッチコピーが一般公募されていたらしく、ニュース記事では他にもいろいろなキャッチコピーネタが掲載されてます。

FF3をリアルタイムプレイしていた世代は今はもう立派な親父になっているということかー。確かにインパクトと同時に懐かしさの込み上げる、なかなか素晴らしいキャッチコピーです。

しかしFC版とPSP版(DS版?)とを比較してしまうのもちょっと可哀想な気がします。w

私も実機プレイ組ですが、FC版FF3はラスダンの鬼畜っぷりが半端じゃなかった。セーブポイントなしで2時間超を突っ走らせる仕様はともかく、ザコボス共にかなり強い中でのコレです(某友人に聞いた話では初代ペルソナも似ているらしいですが。。w)。

ラスダンのセブポに関しては私も最近知りましたが裏話があるらしく、要約すればデバッガーのバイト君にセーブポイントがあると簡単すぎる」と突っ込まれた坂口氏がキレてもともとあったセーブポイントを取っ払ってしまったとかなんとか。w

しかしそもそもデバッガーのバイト君は仕事上で何度も何度もラスダン部分をプレイしているためにセブポがあると簡単と感じてしまっただけであり、FC版FF3初見プレイでは決してこんな発言は出ないだろうという話。これは言った方もやった方も問題あるというか…今でこそ笑い話モノではあるのですが、うーん。w

まさかPSP版にはこれは再現しないだろうと思います(もし再現してもスリープモードがあるし)。というかそもそもこれ、DS版のリメイクのリメイクだそうな。だ、だったらFF8とか6のリメイクを…。

しかし、たまにクソゲーまとめとか読んで暇を潰すことがあるのですが、当時のファミコンソフトはこうしたバグなのか仕様なのか分からないレベルのものが混入されたままゲームが平然と店先に並んでいたのも事実。その中のひとつが実は会社内での内輪揉めが原因だったとしても誰も何も気が付かなかったのは確かな話。

現在は世界的セールスを叩き出すFFですが、実は今でもこんな風なやりとりで実は滅茶苦茶なことをやってたりして……まあそれは無いか。そういや関係ないですがFF13ライトニングリターンズが2013年に発売予定らしいですね。まったく情報見てないのでなんともまだ分かりませんが、さてはて。

『ライトニングリターンズ FF13』 2013年発売決定