あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

web漫画を馬鹿にしていた vol.1

最近WEB漫画に目覚めましたよ。

WEB漫画自体はだいぶ昔からいろいろとあるのですが、こうしてじっくり読むようになったのは初めて。

かなり秀逸なのもあったりして、時間は延々と潰せます。といっても私は時間がなくて寝る前にちょこっと読む程度だったのですが、それだけじゃ勿体無いくらい。

というわけで、今のところ有名どころしか読んでませんが気に入った作品をちらほら紹介。

今後も増えそうなくらい沢山あるなーと思って「vol.1」なんて書いてみましたがさてはて。w

忍の保管庫

たぶん私に初めて「WEB漫画」というものの楽しさを教えてくれただろうサイト様。

今はモンハンネタで漫画を描かれているようですが、朝目新聞でちょろっと掲載していたくまのプーさんの擬人化漫画がヒジョーに面白くてつい一気読みしてしまいましたよ。基本ほのぼの展開の漫画なのですが泣けるし笑えるしでオススメ。他の漫画も面白いよ!

マンガで分かる心療内科・精神科

主人公、というか心療内科先生である療先生とナースのあすなが繰り広げる医療ギャグ漫画。

ギャグネタが半端ないです。本当に医療漫画かと思えるほどに秀逸過ぎる。w それでいてもともとの「心療内科」や「精神科」的な話もきっちり織り交ぜてあってしっかり「分かる」ようになってます。うつとか睡眠障害などなど、心当たりのある人は是非とも読んで欲しいかなあ。こういう漫画はもう少し広まって欲しいと思います。

キャラ的にはいつも自己紹介セリフが意味不明に途切れさせられている療先生が好き。後のほうになると強制モザイクとか強制コマ切りとかかなり斬新なイジメに遭っているという。w あと、あすなのオヤジ殿も好きだな。ニートアウトロー

フェムドリル

イタリアかフランス(?)を舞台にしたような、ちょっと大人な感じの漫画。

フリー記者であるレンゾ・オルタが主人公として、彼が入居したアパルトマンの住人たちとの一風変わった物語。

戦闘漫画でもないしほのぼの漫画でもない、シリアスとちょっとミステリの入ったビターな雰囲気がとても素敵。映画でたとえると三谷映画の「ザ・マジックアワー」みたいな感じ。分かりにくいか。w 墨絵のような画もストーリーにぴったり。

ワンパンマン

どんな敵でも「ワン・パンチ」で倒せてしまうというサイタマことワンパンマンを主役としたヒーローと怪人の戦闘漫画。

なんせ勢いだけで突っ走るコマに最初から圧倒されまくります。バトルに画力なんてどうでもいいんや。ヒーローがたくさん出て怪人をやっつける、というあたりはドラゴンボールラッキーマンにも似てますが、戦闘光景に綿密に組み込まれたストーリーもしっかり読むべし。一見あっさりしているようでヒーロー協会や敵側の設定もかなりしっかり作られている気がします。名言の宝庫でもある。

同じ作者さんのモブサイコ100も面白いので是非。

ヒトクイ

ヒトクイと呼ばれる怪物と、それを取り巻く人々の現代戦闘漫画。

ランダムに選ばれて突然異世界に瞬間移動させた獲物を狙う「ヒトクイ」。外見はただの人間に見えても実は人を喰いたくてたまらない怪物であるこのヒトクイと真正面から戦おうとする高校生、中村陽太が主人公。

ただ、現代戦闘と言ってもよくある異能力戦闘モノではなく、特に武器も能力も無い状況から口八丁一本で戦うという策略戦闘がかなりの見もの。人間同士の内面が静かに衝突しあう心理戦も凄い。裏切り策謀、協力敵対。

それ以外では中村陽太やその周囲の人々の裏実態が徐々に明らかになって、やがて「ヒトクイ」に繋がっていくストーリーも面白い。

戦勇。

ニコニコ静画で掲載されている漫画です。現在はジャンプSQでも連載中。来年アニメ化するらしい!

勇者アルバと戦士ロスという二人組みのドラクエ風味な冒険物語、と見せかけての盛大な戦闘系ギャグ漫画。ともあれもちろんそれだけでは終わらず、話を進めるたびに明らかになる魔王や勇者、魔界や魔族たちの設定が面白い。

魔法陣グルグルに似てなくもないテンポのギャグと、能力同士を駆使したシリアス戦闘。それまでポッと出の弱いやつだなと思っていたキャラが実は凄い能力を持っていた、なんて事も多くて目が離せません。新展開になった時に強いキャラをぼんぼん出すよりもこういうのの方がキャラに愛着が沸くなぁ。

ニコニコのほうで読むとサウンドノベルみたいにBGMも聴けるのでオススメ。

THE PENISMAN

多くの人は一コマ目、あるいはタイトルを見ただけで「えっ?」となって読むのを辞めるかもしれませんがそれは勿体無い!

見た目ではないのです。ペニスマンという心の綺麗な偉大なヒーローが繰り広げる、ヒーローと怪人のシリアス戦闘漫画。とにかくキャラがアナルビーズマンとかオナホールマンほとんど18禁用語の奴ばかりなのですが名は中身を顕さず、決してエロ漫画の類ではありません。とにかく優しい漢、ひたすら優しい漢のペニー氏の大奮闘を読むべし。

ペニー氏と一緒のカニバルマンが楽しそうで好きだ。