あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

幻想水滸伝 inぼっちゃんと108人の仲間たち

幻想水滸伝I&II幻想水滸伝I&II
(2006/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る

最近、引っ越すという知人から幻想水滸伝シリーズの攻略本をどっさり頂いたので折角なのでゲームをプレイしてみようと思い立って1からプレイしてみています。このゲームは元はPSソフトではありますが、手軽にPSPでプレイしたかったのでそちらでプレイしてます。ゲーム自体はUMDじゃなくてDL版。

幻想水滸伝というゲームシリーズはコナミから出ている大作系RPGです。現時点では関連シリーズまとめると12作品も出ているらしいですね。時系列やキャラ設定が繋がっていたりするようなので出来れば最初からプレイしようとじっくり進めています。

PSP版とはいえ一部修正しただけの単なる移植、ちょっと古めかしい感じはしますが個人的には充分遊べるレベル。

幻想水滸伝1は現在のところドワーフの町まで到達しました。

主人公の名前がデフォルトで不明だったので困った時につける主人公名の「リュカ」をDQ5小説から流用させてもらいました)。w

攻略本を貰った、そして私がネタバレフリーなスタイルとはいえ最初からガン見なんかしてませんよ。というのもPSソフトではありながらも発売時期がSFCからPSに移行した位の頃の作品なのでグラフィックもSFCからちょっと毛が生えた程度、みたいな感じなんですよね。もちろんそこに味があるわけですが。

てなわけでダンジョンなども簡単な俯瞰視点グラであっさりと見渡せるので比較的簡単、隠しアイテムとかイジワルな仕掛けもそんなに無い。唯一ボスが結構強かったりするのでそこの攻略を見たりはしますが、道に迷うという事はほとんどの場合で今のところありません。ストーリーがしっかりしているからかな。

しかしバトルスピードが気持ち良いくらいにスピーディですね。

以前にMGSについてた幻想水滸伝2の体験版をちょこっとプレイした事があるのですが、そちらも相当にバトルスピードが速いと感じたものですがこれはシリーズで統一されているのか……といっても3以降はPS2ソフトなのでまた違うのかもしれませんが。

一人が攻撃して次の敵の攻撃、なんて既存RPGのターン制バトルがまどろっこしく感じてきます。敵も味方も複数人が同時に攻撃とか連携とかとにかく早い早い。また、個人的に嬉しかったのは回復アイテムや魔法を選択しているとその前に敵を全滅させていても最後にしっかり回復をしてくれる、という点ですね。わざわざ戦闘後にメニュー開いて、という面倒臭さがない。

108人の仲間も個性的なキャラばかりでヒジョーに面白そうでいろいろと使ってみたいのですが、戦闘メンバーに入れていないとまるっきりレベルが上がらないうえにメンバー交代は自国の城まで戻らないと出来ないのでそこは苦労します。テレポートとかあったら楽になっていくのか、もう少し進めてみてどうかという感じですね。

主人公とグレミオは固定として、クレオも火の紋章の全体攻撃がかなり強いので固定、カイも主人公との連携全体攻撃が強いので固定、となると残りが二枠。

最初はキャラ性格が好きだったのでタイ・ホーさんと魔法専門でルック君を入れていたのですが、タイ・ホーさんはともかくルック君はHPや耐久が低すぎるので後衛に配置せねば死んでしまうというのに武器がショートレンジなので普段は防御させるしかないというのが悲しすぎました。魔法を使えばいいんですが、このゲームはMPの概念ではなくFF3みたいに使用回数制なのであんまり乱発できないんですよね。その魔法も「眠りの風」と「切り裂き」しか使えず…。

切り裂きのほうは強いのですが単体攻撃だし、眠りの風は成功したかどうかが分からないというか、それをやるなら攻撃しちゃったほうがと思ってしまう脳筋でした。

その後また仲間が加入したりもしたので再編成してみて、主人公・グレミオクレオ・カイの他にキルキスとビクトール

ビクトールはずっとスタメンだったので普通に強いのですが、エルフの村イベントでバレリアさんと入れ替えてしまいました。ステータス的にはビクトールとバレリアは同じような感じなんですが盾が持てるだけバレリアさんが防御高いかな?と思ったのも束の間、実は結構打たれ弱かった。w

キルキスは普通に強いです、というか後衛の弓矢キャラなので安定しますね。魔法もまあまあ使えそうなので水の紋章を装備させて回復役にしてます。割と速いし。

しかし、しばらくぶりにPSPでゲーム復帰したなあ。