あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

幻想水滸伝 in見失うわけにはいかない。

休日暇だったのでごりごり進んじゃいましたよ。

現在はネクロードの城。

ドワーフ町→パンヌ・ヤクタ戦線→スカーレティシア戦線→火炎槍運搬→テオ・マクドール戦→ロリマー城塞→ネクロードの城

まずはやっぱりグレミオの死……。

実はグレミオが死ぬ、という展開についてはだいぶ前にどこかで読んでしまっていて知ってはいましたが、聞くのと見るのとではあまりにも違う。ビクトールのあの忠告は単なるブラフでは無かったんですよね。。

その際のビクトール「お前は足手まといだ」発言。

グレミオファン様方には申し訳ないながらも、実はグレミオは主人公はおろか他の新規加入の仲間たちからも一歩遅れを取る感じのステータス。防御数値は高いしミドルレンジ武器であるという利点はあっても紋章魔法が強いわけでもなく素早いわけでもなくで器用貧乏なイメージでした。ですが……その死んだ理由というのがまたグレミオらしいじゃないですかもう!

でもなんかイベントで復活させられるらしいというのをまたネタバレ気味に聞き知ったのでちょっとは元気出ました。w

それ以外ですと戦争イベントと一騎打ちイベントという特殊な戦闘を初体験しまくりです。

戦争はなんとなくロマサガ3の戦争に似てなくもないですが、あちらは(初見プレイヤーさんなどにとっては)かなり難易度が高いのに比べて幻想水滸伝の戦争は比較的簡単、というかまだ序盤だからなんでしょうけど。

突撃攻撃には魔法、弓矢攻撃には突撃、魔法攻撃には弓矢、という三すくみ関係が出来上がっていて、相手の次の手を忍者やこそどろを使って読んでから対応していくという流れ。たまに手を見切れなかったり失敗する事もあるのですが、スカーレティシア戦線ではこちらの残兵が120人とかいう状況でも勝利できたので粘り勝ちという気もします。w

実際、全滅しない限りはゲームオーバー扱いにはならないみたいですね。戦争画面には主人公らしき姿も見えるのですが乱戦になっても必ず最後まで生き残ってるし。w

一騎打ちイベントも戦争イベントと似たような感じです。

攻撃には捨て身、防御には攻撃、捨て身には防御、というまたも三すくみ関係が出来上がっている上に、攻略本のほうに相手の次の手が台詞で判読できるという裏技的なテクが書かれていてだいぶ参考になりました。

ただテオvsパーンの一騎打ちでは辛くも敗北…この裏技テクが通用しなかったわけではなくて単純にパーンの育成不足でした。防御してても余裕でHP丸ごと持っていかれた\(^o^)/

パーンはゲーム上で死亡という扱いになってしまったので、パーフェクトクリア等は狙えなくなってしまいましたね。orz

でも言い訳がましいながらもこのシーンでパーンが死亡した、というのもストーリー的に考えるとこれもアリかなあとか思ってしまいます。いやそりゃあ主君たるテオ様を見事撃破して「俺は坊っちゃんに最後までついていく!」という決意を新たにしたというストーリーも素晴らしいと思うのですが(というか多くの幻想水滸伝ファン様たちはこちら推しだと思いますが)、一度ならず坊っちゃんを裏切ったという過去があって償いの死を覚悟して戦った結果、という風に考える事もできるかなあとか。某台詞を引用させてもらえれば、「そいつは迷ったのかもな。迷って、そして殺された。」

でもその前のパーンの台詞でも吹っ切っている事も伺えますし、やっぱり死なせたくなかった…。

さて、ストーリーはそんな感じで順調に進んでいるのですがそろそろパーティメンバーを固定させたくなってくる。

108人は余裕で全然仲間にし切ってはいませんが、それぞれレベルや装備など個別に存在するわけですしラスボスメンバーも考えてスタメンをそろそろ決定していかないと、というか。

グレミオが抜けてからは主人公のほかはビクトール、フリック、キルキス、クレオ、ゴンというメンバーでやってました。

ほとんど趣味で入れてた感じですが、ビクトールとフリック、キルキスは普通に強いのでそれまで通り継続、クレオはやはり魔法攻撃+武器のLレンジ攻撃役、ゴンは顔グラが可愛いのと運の数値がメチャ高かったので「ひっさつの封印球」をセットしてみて遊んでいました。銀の首輪とかも余ってたし。

しかし、やはり終盤を考えるにあたって編成を組み直しました。

トーリー的に固定となっているビクトールクレオはとりあえず保留、その他はカスミ、ルック、カイを入れてみました。

カスミはなにやらプログラムミスだかで本来はSレンジ武器だったものがLレンジになってしまっているとの事で、それ以外にも強いし速いしで動かしやすい。

ルックは加入後すぐくらいの頃にスタメンにしていたのですがあまりの打たれ弱さと風魔法の使いづらさに二軍落ちしていたのを復帰させてみました。そして風の魔法ではなく土の魔法の使い手にさせようと断腸の思いで決定。ルック=風というイメージは私も同感なのですが、あの魔法レパートリーでは流石に。。土は全体攻撃魔法がレベル2の時点で存在するので風よりか使い勝手も良いと思うのですよね。補助魔法もあるし。

カイはまあ、主人公との連携攻撃役。w

ただこうするとキルキスが抜けたために水の紋章使いが居なくなってしまったので、クレオから火の紋章を外して回復役に転向させました。クレオは意外と速いのでこれは正解だったかもしれない。あのアイテム枠の狭さでは流石に全員に特効薬を持たせるのも無理があるし、全体回復は貴重だしで。

ルックのレベル上げが辛いと思ったのも束の間、過去の洞窟をうろうろしてたら数回の戦闘で20くらいレベルアップしたよ!この洞窟って敵が弱いのに獲得経験値も金も多いので好きなんですよね。さて、ネクロード攻略頑張りましょう。