あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

VC inゼル伝の夢島とか

神様&四精霊は倒してませんが、とりあえず公式配信されている石版はほぼすべてクリアしたのでDQ7は一旦終了。ツタヤ石版の「魔法使いのゆめ」だけは未クリアでしたが、それを言い出すとセブンスポット石版も未DLなのでコンプという事にはなりそうもないし。

個人的にはGWなんて存在しないのですが、合間を縫いつつVCこと3DSのヴァーチャルコンソールで遊んでました。

GBソフトのカエルの為に鐘は鳴るを以前DLしていたのでサクッとクリアしてみたのですが、思った以上に内容を忘れていてびっくりした。ゼルダ夢島もDLして再プレイしてますがこれは先行きが不安ですな。

いろいろとVCで配信されているソフトも物色していたりするのですが、何故かスーファミソフトのVCは3DSでは存在しないんですよね。ハード的には問題なく動きそうな気がするのに。ただVCのラインナップを見ているとちょっと任天堂系列ソフトに偏りすぎかなあ、と思いました。少なくともPSのアーカイブスみたいにあらゆるジャンル・メーカーから集めているという気がしませんでした。タイトル数もアーカイブスと比べると圧倒的に少ないし。

たとえばやっぱりスクエニ系(というかスクウェアエニックス)はほぼ全滅ですね。FF関連がPS方向でタイトル出している以上スクウェア系のVCは難しかったとしても、まだプラットフォームが寄っているエニックス系ならVCで過去作品出しても良いと思うんですけどね。純DQシリーズでなくてもテリーのワンダーランドとかモンスターズとか派生作品もあることだし。

それを抜きとしてもなかなか「欲しい」と思えるVCソフトが出て来ないのがちょっとなあ。PSのアーカイブスもそこまで広範囲・高密度なラインナップではありませんでしたが、PSソフトはハードも含めてブックオフなど中古屋でまだ見付かるソフトも多いのに反してSFC、FC、GBソフトはそもそもハード自体を保有している人のほうが少ないと思われる昨今(ていうか最近のテレビモニタやなんかにあのケーブルは直接挿せるのか?)。

もっとどかどかVCタイトルを増やして懐古ゲーマーを呼び寄せる布石にしたらいいのに。エ○ュってろという事なのか。

VC以外では「虫けら戦車」の体験版をちょっと遊んでみましたが、戦車に詳しくなくてもいろいろな国や型の戦車が登場して面白い、とここまでは良かったのですが操作性がなんかいまいち。マップも見づらくてちょっと気を抜くとすぐ迷子だし。ガンガン撃つのは面白いですが撃ち過ぎるのも低評価に繋がるとかで、虫と戦うというよりも逃げながら戦車を動かす羽目になってしまい"売り"だったはずの爽快感がごっそり消滅。もうちょっと遊んでみたら面白かったんだろうか、戦車マニアさん等、好きな人には良ゲーになるかと思いますが。

電波人間のRPG」というものが最近オススメされてましたがどうなんだろうな。感覚としてはPSVのモンスターレーダーに近いものがある感じ。通信対戦が面白そうに感じましたが、ちょっと前のソフトなので立ち入れるのかどうか(超絶技巧の古参プレイヤーで溢れて初心者の介入する余地が無いとか)。それ以前にこういう通信前提のゲームってユーザーがまるっきり居なくなるといわゆる「オワコン」になってしまいそうで怖い。