あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

テラリア in鉱石採掘で頭脳戦

IMG_0373.jpg

ここんとこずっと最下層でヘルストーン採掘してます。

たかが鉱石掘りでかつてこんなに頭を使うゲームはあっただろうか……。

「ヘルストーン」は別名「ようがんブロック」でして、つまり採掘すると同時に溶岩が発生してしまいます。この溶岩は今の段階の私ではPOTなしで数回浸かっただけで即死確定の累積ダメージをくれる厄介者。

「ようがんむこうかポーションなんてのもあるのですが、毎回使うのもなんか勿体無いほどあれこれ素材が必要だし効果時間が4分程度だし、毎度毎度使ってもいられません。

なんとか発生した溶岩に接触しないようにヘルストーンだけをゲットするというテクニックが要求されるわけです。

基本的にはヘルストーン鉱脈の真下に穴を掘り、下に溶岩だけ流し落とす形で掘るのですが、考え無しにヘルストーンばかり取ろうとマニュアルモードで遠場に向かってツルハシを振り回していると肝心のヘルストーンが下まで落ちていってしまい、最悪のパターンで溶岩の海に落ちてしまいます。こうなるともう回収不能。

IMG_0376.jpg

というわけで、排水溝(てか排溶岩溝)に繋がる部分を1マスだけ残しておき、周囲からじわじわ削ってすべて採掘・回収したら最後に栓を抜くことで無事にヘルストーンを採掘できるばかりか溶岩もきれいさっぱり片付けられるという方法でがんばってました。

溶岩の上に「つちブロック」などでフタをする作戦も生かされますし、つかまりフックで壁に引っ付きながら1マスぶんずつ足場ブロックを積んで、とにかく溶岩の流れを妨げないように最下層付近まで流し捨てるのが重要です。

最下層でも地下を掘ってると敵も流石に寄って来なかったので比較的楽に採掘はできましたが、そんな中でもファイアーインプとボーンサーペントのウザさは異常でした。

ボーンサーペントはワーム系モンスターの特徴で障害物を無視して貫通移動する特性があるので溶岩だろうとなんだろうとお構いなしに突っ込んでくるので処理しなければなりませんし、ファイアーインプの放ってくる炎の魔法も壁や溶岩などを貫通する遠距離攻撃なのでやっぱり本体を処理しなければなりません。デーモンなどの魔法は壁で遮られるし、ヘルバットラーヴァスライムなんかはAIがお馬鹿なので壁作って放置でいいんですが、突然POPしたりするとノックバックで溶岩に突き落とされるのが問題です。

この辺でもやっぱりハープーン連打戦法が良い感じですね。

そんなこんなで400個ほどのヘルストーンを採掘しました。ヘルストーンインゴットは「こくようせき」がセットじゃないと製作できないのですが、それでも相当数のインゴが作れたのでご満悦……した、その瞬間、ヤッチマッター!

……説明しよう!

テラリアは大量に同じものを製作する時は○ボタン長押しで楽になるのですが、材料が終了すると製作窓の中で自動的に該当アイテムの次の欄のアイテム製作に移動してしまうのです。

この辺はちょっと説明が難しいのですが、ヘルストーンインゴを鼻歌交じりに長押しで製作しまくっていたらスコンと材料が切れて、それでも○を押し続けていてしまったので次候補の「モルテンハンマアクス」を製作してしまったという…orz

IMG_0375.jpg

いや、欲しくなかったといえば嘘ですが、今はモルテン防具セットを揃えたかったので予定外のヘルストーンインゴ35個消費は痛すぎた……しばらくはメテオハンマアクスで乗り切る予定でもありましたし。攻撃力がメテオハンマアクスと変わらなくて単に火傷の追加効果がつくだけですもん。。

仕方ないので実戦投入しました。一応灯りの代わりにもなるらしいのですが、「ほのおのだいけん」も作りたかったのでこれは別に……うーん。

IMG_0377.jpg

そういえば関係ないですが、遂に(遅すぎる感じもしますが)素材調達用で別のワールドを作成しましたよ。

なんとリスポーン地点(初期地点)が雪原エリアなので雪ブロックが採掘し放題で嬉しい。大量に敷き詰めたら雪原エリアのないウチのワールドにも雪が降り始めたりするのかなあ。

ワールド名前がひどいことになってますがこちらはご愛嬌!