あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

gunsooさん、FF14βテストをやってみる

17日まですっかり忘れていたのですが、FF14のオープンβテストが開始されていたのを思い出してちょっと行ってみました。と言っても総プレイ時間は3時間程度、レベルも5くらいまでしか上げられませんでしたけどね。w

ちなみにPS3版です。というかPS3版じゃないとプレイできません。orz

FINAL FANTASY XIV(公式サイト)

FINAL FANTASY XIV n Wiki*

私はFF11も未プレイ、さらに旧FF14も未プレイという組なのでFFのオンライン化後を初体験することにもなって少し新鮮な気分でレッツプレイ。ちなみにオープンβのキャラデータはサービス開始後も引き継ぎされるとのことなので力が入りました。

キャラメイクでは種族や外見など適当に設定…するつもりが、やはり時間が掛かってしまい30分ほどキャラメイク頑張ることになりました。ボイスやメイクはもちろん、フェイスペイントまで設定できるのは面白いです。最近のネトゲはまったくプレイしてないので今のネトゲキャラメイク基準がこれくらいなのだとしたら赤っ恥ではありますが。w

しかし名前設定ではファーストネームとファミリーネーム(つまり苗字と名前)を設定できるというわけでまた驚きました。しかも名前は英語表記でなければ認められないようで苦心する羽目に。こんな時のためにネーミング辞典を買っておいてよかった。

いろいろ迷った挙句、ララフェル/プレーンフォークでスタート。クラス(職業)はPTで遊んでみたいので白魔法使いの「幻術士」にしようかと思っていたのですがちょっと浮気して「巴術士」というクラスにしてみました。

巴術士は公式の説明を読んでもいまいち分からないクラスなのですが、要はデバフ要員みたいな感じでしょうか。個人的には使い魔を使役できるというのに惹かれただけですが、最初から使えるバイオがかなりクエスト雑魚狩りで便利だったりして。

まあ序盤のクエやそのへんの敵を狩ってただけですが、全体的にはとても遊びやすい印象でした。PS3版だからなのか読み込みなどに長時間かかるということもなく、サーバー切断されたりすることもありませんでした。

βと言えどもフィールドなどかなり広範囲に行けるのですがどこへ行っても重いと感じることもなく快適プレイ。PS3コントローラーとキーボードだけで大丈夫なのかと心配でもありましたが、むしろPC版プレイしていたとしてもゲームパッドで遊んでいただろうなと思えるほどマウス要らずの操作性はなかなか良かったです。

(巷のネトゲではゲームパッドは設定できても細かい動作はマウス頼りだったりすることも多いので無駄な手間がかかってたんですよね…orz)

ただし大雑把なシステムはよくあるネトゲとほぼ同様に感じました。クエを受けつつ街や設備巡り、戦闘の仕方などのチュートリアル的なものを学んで進む。バトルもそのへんにうろうろしているものをターゲットして攻撃開始、セミオートバトルというか魔法などのコマンドを入力するまでオートで「たたかう」を繰り返す感じですね。

フィールドなどうろうろしているとリーヴという集団戦みたいなのが発生して、その場に居合わせるだけで自動で参加(離れれば脱退可能)するというシステムが面白かったです。何も動かなければもちろん報酬はゼロですが、一緒に共闘することでギルや経験値を稼ぐことができるという初心者には嬉しいシステム。

横殴りとかも気になったのですがみんな気にせず叩き合ったりしているので一緒になってお祭りワッショイしちゃいました。w

リーヴとは別のPT的な要素とか、生産系のクラスなども体験してみたかったのですがβテストの期間も短く残念ながらそこまでは進めませんでした。

特に生産クラスは大量にある様子で、鍛治裁縫といったありきたりなものから錬成革細工、板金まであったりして。しかし個人的には採掘園芸のほうが興味津々。ガーデニングみたいなことができそうですね。

FF14で90日以上課金していた人は新生での月額課金が格安料金になる様子ですが、それがなくてもだいたい1500円前後という感じでROなどと同じくらいの課金体系。他に課金アイテムなど増えるのかは今後次第ですが、パッケージが届いたらしばらくプレイしてみようかなと思ってます。