あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

新生FF14 in召喚獣バトル

27日にようやくPS3版のFF14が届いたので、オープンβから引き続いて巴術士オンラインしてきました。現在はあちこちクエを終わらせつつ進んでレベル14です。

PS3版なので一番心配だった操作性ですが、PS3のワイヤレスコントローラーひとつでほぼすべての操作が可能というわけて慣れて来た今はなんの問題もなくプレイできてます。まあ、たまに十字キーでやっているターゲッティングが遅れたりもしますが。

またゲームのオンライン状態としても非常に快適です。PS3版だからかは分かりませんが、オープンβ時期も含めて一度もラグや読み込みエラーが起きた事がないってすごい。問答無用でログイン画面に戻されるという事故もありません。

しかし難点を挙げれば「よくあるネトゲ」としてまとまってしまったかなあ、と。

キャラ作成で決めたクラスごとに拠点となる街が変化するのですが、以降はお使いクエを延々と繰り返しながら少しずつ活動範囲を広げてメインクエやレベリングなどに勤しんでいく……という、そこらに転がっているネトゲによくありそうな導入ですね。今のところパーティー必須のクエもほとんどありませんし。

それでもやっぱりFATEは面白い。よくある野良PTの更に簡略版という感じで、各地に発生するモンスターの群れをその場に居合わせたプレイヤーが協力して倒しまくって通常より多くの経験値とギルをゲット、というのが大まかなシステム。特にPTを組むわけでもなく、沸いているMOBを個々が撃破するというだけのイベントです。

完全出来高制なのでモンスターをたくさん倒せば倒すほど多くの報酬がもらえちゃうみたいですね。

しかしこのFATE、フィールドで発生する位置はほぼ決まっているのですがたまーにクエ対象のオブジェクトやNPCの付近だったりすることもあったりして、参戦する予定はさらさらないのにクエを進めていたらいつの間にかFATEメンバーに組み込まれてアクティブ化したMOBに襲い掛かられるなんてことがたまーにあったりします。

地域内から離れれば脱退ということにはなるのですが、アクティブ化したMOBが追いかけてきたりもするのでメンドクサイ。

ただ、自分がタゲられるとMOBから自分へと光るラインが繋がれるので非常に分かりやすい。何の敵にどこから攻撃されてるんだ、なんて事態が起きにくい上に、まだ体験していませんがPT戦では誰がヘイトを稼いでしまったかなどが一目瞭然になって盾役さんや支援さんには嬉しいシステムかも。

さて、私は巴術士というわけで白魔法も黒魔法も使えるという中途半端な感じのクラス(ベースジョブ)で遊んでいます。このクラスは攻撃魔法は主にデバフ系ばかりで大して強くもないのですが、カーバンクルを召喚して一緒に戦えるという性能が何よりのポイント。このカー君はソロではタンカーとして攻撃を受け持ってもらいつつ後ろから飼い主が魔法攻撃でちくちく削るという戦法が姑息ながらも楽しいんですよね。w

HP回復のアクションもあるのでペットのカー君を支援しつつ共闘するというのはRSのモンスターテイマーみたいな感じですね。でもカー君は飼い主とレベルが同期しているのでRSより扱いやすい。

クラスの上位には更に強いジョブが存在するようで、ジョブごとに設定されているレベルが30になるとクラスチェンジというかジョブレベルアップが可能らしいです。基本的に剣術士→ナイト、槍術士→竜騎士のように固定化されているのですが、唯一巴術士だけは召喚士学者とに派生するらしくてすごく楽しみ。

召喚士は上位召喚獣のエギことイフリートとかタイタンとか召喚できるみたいで面白そうなのでこれをひとまず目指してみようと思ってます。w

というか強いとかどうとかは別として、ペットをうまく動かせると面白いんだよなぁ。