あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

Child of Light in上の、上のほう


チャイルド オブ ライトチャイルド オブ ライト
(2014/05/01)


商品詳細を見る

前々から気になっていたゲームだったのですがなかなか機会が無いまま旬を過ぎてしまった。。

遅れ馳せながらプレイ中ですが、思った以上に面白くて好きなタイプのRPGでどっぷりはまっちゃいました。

雰囲気としては聖剣LOMみたいな童話的かつ幻想的なストーリーで、登場人物などもファンタジー要素溢れるキャラばかり。とある公爵家の娘だったオーロラという少女が迷い込んだ不思議な世界「レムリア」で、元の世界に戻るため、そしてレムリアの太陽や月の力を隠してしまった暗黒の魔女を倒すためにオーロラが仲間たちと力を合わせて戦う物語となっています。

戦闘は完全なターン制バトルですが、戦闘空間を自在に飛び回るイグニキュラスという名前のホタルを操作して敵の行動を妨害したり仲間のHPを回復させるなどのちょっと面白いギミックがあったり、ターン制ではありますがタイムライン上で攻撃準備している時に相手から攻撃されれば行動をキャンセルさせたりさせられたり単なるDQ形式ターンバトルではありません。

このイグニキュラスはオーロラの仲間でもあり親友でもあるのですが、物語の節目節目でのやりとりが可愛らしいです。

仲間も何人か加わり、それぞれ異なるスキルや攻撃を得意としていてうまく切り替えながら戦闘をこなすのですが惜しむべきは一度に戦闘に出せるのが二人までなので、ボス戦などでは弱点を突いて攻撃する役と補助する役との二人だけでやりくりしないとならずてんてこまい。

敵側は一度に三匹など登場したりするので、こちらも三人で戦闘できれば良かったかなという気はします。全体に効果のある補助魔法などがちょっと勿体無い感じ…w

戦闘以外ではアクション要素強めの謎解きメインというか、よくあるRPGのように依頼やミッションをごっそり受けてそれをループさせるというようなものではなくイグニキュラスの発光を使った仕掛けやマグマやトゲなどを回避しながら進む道、などなど。

最大の特徴は広い広いフィールド。基本的に横スクロールではあるのですが主人公のオーロラは序盤のイベントで空中遊泳ができるようになり、このお陰で左右のみならず高空域や最下層などの探索も可能になっているためしっかり回って宝箱や手記を集めているとフィールド移動だけで遊べちゃうというか。

そしてやはり触れねばならないBGM。

ゲーム自体がそこまで長大ではないので曲目は少ないとはいえ、重厚なオーケストラが耳に心地良い。特にゲームのテーマBGMでもある「Aurora's Theme」はアレンジがいくつもあって素敵。オーロラの笛版が好きです。w

バトル曲もそこまで数は多くないながらもボス戦曲はボスのHPが減ることで変化するものがあるなど少ない曲目でも多彩な変化があります。でも好きなのはボス戦曲ではなくて通常バトルの「Jupiter's Lightning」だったりします。戦闘曲としてはテンポは遅くて重々しいのですが、そのぶん迫って来る緊迫感が今まで聞いた戦闘曲のどれと比較しても半端ない。。


Child of Light Game SoundtrackChild of Light Game Soundtrack
(2014/05/06)
Various Artists

商品詳細を見る