あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

FF1 in浮遊城のBGMは古風かわいい

FF1、なんだかんだでラストダンジョン間際くらいまで進みました!

現在、浮遊城。

ところで攻略サイト様はこちらが大変便利で利用させてもらってます。

■ FF1(ファイナルファンタジー1)最強攻略マップ付 PS版(PS3/PSP): g-hat

FF1攻略サイトといえば星の数ほどあるのですが、ダンジョンマップまでイラストにしてくれているのはここくらいです。FC版からPS1版まで網羅してくれているようなのですが、3DS版もほとんど問題なく攻略情報が参照できてます。ほぼPS1版と同じみたいですしね。

前回の記事から大きく進んでますが、土のカオス撃破のあとは順調に火のカオス、水のカオスと撃破してようやく風のカオスがいる浮遊城まで到達したという感じです。

クラスチェンジも無事に終わりましたし、飛空挺も無事にゲット。このあたりのシリーズ常連系はすでにFF1の時点で確立されてたんだと思うとまた感慨が出てきます。しかし、バハムートは居てもチョコボベヒーモスなんかはいないんですね。FF2、FF3もいずれしっかりプレイしたいので楽しみです。

ところで浮遊城もそうですがダンジョン構造だけで苦しませてきます。DQはリメイク作品に限っていえばダンジョンもフィールドも狭くなっていて特別に迷うなんてことはなかったのに、FF1はリメイクですらダンジョンが広すぎて戦闘よりも迷子のほうで苦労するという、昔のRPGそのままな感覚。これはこれで良かったとは思いますが。w

滝の裏の洞窟まではそれでもノーヒントでダンジョン迷子してましたが、さすがにワンフロア完全迷路になっている滝の裏洞窟でマップ閲覧解禁しちゃいまして、上記のサイト様のおんぶに抱っこモードで進んできました。やれやれ。

さて、クラスチェンジして難易度が変わるかな?と思ったのですが、実質的にはシーフ→忍者くらいしか装備可能武器の変化はなかったしレベルも継続なので大幅なパワーアップもなかったなあ、と思いきや、そのくらいのダンジョンからぽつぽつと落ちている「戦闘中の使用で魔法効果」が出る装備アイテムの強いこと強いこと。

ガントレット、魔術師の杖、黒のローブの3属性ラ魔法に加え、魔術の杖のコンフュ、ライトアクスのアディア、いやしの杖・いやしの兜のヒール、そしてなんと言ってもレイズサーベルのクラウダが凶悪すぎる。黒魔道士に使わせているとほとんどバランスブレイカーなくらい強いです。

FC版では魔法が回数制だったらしいのでこれらの装備アイテムがあって始めてまともな難易度だったと思われますが、ダンジョンで手に入るギルだけで軽く50万オーバーしている所持金でエーテル買い放題なMP制のPS版・DS版だとヌルゲーなほどです。クラウダの成功率はわりと低いとは言え、自主規制したいほどでやばいなあ。

クリアする前にソウル・オブ・カオスも探索しておきたいし、もう少しは浸れそうです。