あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

ヘラクレス魂 in佳境になっていた

いろいろゲームやってたわけですが、結局打ち込むのはヘラクレスの栄光 魂の証明に落ち着きました。

現在トロイをクリアしたあたり。

小さな村→クノッソス→ラコニア→スパルタ→ミケナイ→テッサリア→いにしえの塔→ふもとの村→天空の回廊→ドリスコス→ディロスのアジト→トラキア→トロイ

だいたい中盤の中ほどくらいでしょうか。

ここまでかなり突っ走ってきた感じなのですが、バトルシステムに不慣れだった序盤、特にラコニアやスパルタあたりではザコ戦すらひーひー言いながら苦労して戦闘していたのがテッサリアを越えたあたりからはかなり余裕ができてきて戦えるようになってきて楽しくなってきました。

やはり最大のポイントが魔法の扱い方になると思うのですが、幸運のお守りをクノッソスで偶然ながら人数分買い揃えていたので錬金してもらって「MP半分」のスキルをつけてもらったのをロコスとシュキオンの二人に装備させたまでは良かったのですが、そもそもの魔法消費MPがそれぞれ多いのでMP半分になっても毎ターン魔法攻撃しまくってればあっさりと息切れしてしまう……しかし魔法攻撃を活用しないとザコはつらい。

どうするかというとオーバーキルでのMP回復を狙ってうまくトドメを刺して行けばいいのですが、「昇天」があるロコスは楽でもシュキオンは範囲魔法しか持ってないので逆にトドメを刺しにくいのですね。といっても単体魔法と比べても威力は遜色ないようなので弱点属性であればなんてことはないのですが。

主人公&ヘラクレスの物理キャラに瀕死かオーバーキルしないまでの死体状態まで追い込んでもらってからうまく範囲でまとめてオーバーキル、というのが理想的なのですが、特に弱点を持たない不死騎士あたりはつらいのですね。

でもまあ、星の石を集めて「ご加護」のスキルでなんとかやりくりはできるようになってきました。

でもエリス加入で魔法の幅が広がって面白くなったのはありますね。エリスは属性魔法は単体しか持たないのですがメガロとかジェイクなど魔属性(+α)の全体魔法のレパートリーが広い。最速攻撃で全体魔法で削った上でオーバーキルを狙っていくとなかなか楽になりました。

エリス本人のMPは適度に単体魔法でオーバーキルさせるかご加護もらうかシュキオンの「歌」でなんとでもなるし。

さてストーリーはやはりヘラクレスの栄光。謎が謎を呼ぶ展開になってきて先が非常に楽しみです。

3も4もそうでしたが主人公やそれを取り巻く仲間の生い立ち等がずっと不明なままなのに箇所箇所のイベントで世界に関わるほどの重大な立ち位置だったりすることが判明したりして楽しみでしかないのに加え、無駄なダンジョンや寄り道が少ないのでエンカウント率の高さ以外はストーリーを読み解くのに障害が少ないのも嬉しいですね。

早くクリアしてエンディングのその後を見たいRPGって、実はあんまり少ないんじゃないかな。

というわけで、個人的な期待と不安であった「シナリオ」は二重マルという感じです。BGMもサントラが存在しないらしい無念を除けばどれもなかなかのクオリティ。3DSではなくDSのソフトでは高レベルなんじゃないでしょうか。

戦闘も前述の通り、少々時間が掛かることを除けばじっくり考えて適切な行動を選んで攻撃順序やエーテル数と睨めっこしながら緻密な計算の元に勝利していくという、昨今多いオート戦闘ありきのRPGにはない充実感と満足感があります。逆に言えばこの戦闘に鳴れない人・苦手な人にはあまり面白くないRPGになるかもしれませんが。

強いて残念を挙げると今のところ自由に移動できるような乗り物が存在しないので過去の街などに戻れず、結果的に装備品強化のためのアイテムや素材などが手に入らなくなる…というのは、中盤に差し掛かった辺りからうすうす予感してましたが本当に戻れない。まあ地続きの場所なら戻れないことはないですが、果てしないエンカウント率の高さの前には足も渋るものです。今のところまだ装備強化できなくて悔し涙したというほどの事件は起きてはいないですが……うーむ。

それと過去シリーズファンとしては「レイオンの日記」「プラトンの日記」につらなる日記系アイテムがないのも残念だったかな。キャラ的には「ロコスの日記」あたりがあったら面白そうでしたけど。その代わりに辞典として地域や神話の情報がストーリーに合わせて閲覧できるデータベースのようなものがあり、なかなかこれも面白いですけどね。

そしてやっぱり唸るほどの文章表現が連発されていた戦闘メッセージもあっさりしてしまったのも無念。4では戦闘時の掛け声なども幾つか設定できたり、戦闘の使用ターン数によって勝利メッセージが少々変わったりしていた(「軽くマモノを倒した!」から「長い戦いが終わった…」までの数種類)のも捻られている形跡はありません。

魔法もみんな「使用した」で統一されているようです(4では魔物が魔法を使う時は「○○はうなった!ライザル…」等のメッセージ)。

とはいえどれもシステム周りの、さらに言えば懐古からのお話。新しいヘラクレスシリーズとしてエンディングまでしっかり楽しんでみたいです。そしてまた、新しいシリーズを出して欲しいなぁ。