あるひまじんの日記

今日も世はこともなし。

天才小学生とIQの話

grapee.jp

 

いやー、何度見てもすごいというか、親御さんの教育が良かったのか…

小学生の男の子が書いた「女を求めて」という題の詩があまりにも男らしくてカッコいいというわけで話題のようです。

 

 

小学校の頃の文集なんか読み返してみると、まあみんな幼くて可愛いけど拙い作文や絵日記が多いものですが…この子は生まれ持って文才があるのか、それとも素でナイスガイ&クールガイなだけなのか。

成長が楽しみですね。w

 

最近は天才小学生のテスト回答が時折話題になっていて、どれもこれももし私が先生なら満点にしてあげたくなるような回答ばかり。

 

 

一瞬「ん?」となってしまいますが、問題を読むと「次の日付のひらがなを漢字に直しましょう」とあります。

 

つまりこの小学生くんは「次の」を「この次にある問題」ではなく「問題になっている日付の次(翌日)」という意味に捉えて、すべての問題の翌日の日付を漢字に直した、というテクニシャン・ボーイだったというわけです。w

 

まず大人ではこの発想にはほとんどの人がならないんじゃないでしょうか。

理由を説明されても終始「えー、ええー…うわぁ~」となるばかりで、つくづく頭が固くなってるんだなあと自覚します。

 

以下の画像はこちらより。

【逆に才能を感じる】小学生たちが書いたテストの珍回答集 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

 

f:id:tarlate260:20180119022536j:plain

 

これはすごい。起承転結がしっかりとまとまった物語になっています。お父さんはちょっと哀れな立場になってしまいましたが。w

「遺族」や「霊」など難しい単語を知っているというのもポイントが高い。

 

よく国語の問題などで「〇を使った文章をかきなさい」といったようなものがありますが、だいたいみんな似たような回答になってしまうんですよね。

恐らく採点していた先生もクスッとなったに違いない回答でした。

 

 

f:id:tarlate260:20180119023001j:plain

 

惜しいです。w

私も算数・数学は苦手も苦手だったので気持ちは分からなくはありません。式が書けてもいざ計算となると頭を使う。

「500円ちょっと」という上手くて曖昧な物言いが好感度高。国語なら得意そうな小学生です。w

 

これは電卓に慣れてしまった大人でも人によっては苦戦しそうな問題ですね。

社会人になってしまうと計算するツールがたくさんあるので余計に計算離れしてしまうものです。

 

f:id:tarlate260:20180119023417j:plain

 

私の周囲の子供たちも何故か「天童よしみ」を知っていました。演歌歌手で子供と接点がなさそうなのに……。w

聞いてみると名前は知ってるけど顔は知らないという子供が多かったです。天童という名前は覚えやすいということでしょうか。

 

それにしても「天童」と問題になっている「童」を絡ませてきちんと書けているのがすごい。これは天童よしみさんが見たら思わず笑ってしまうかもしれません。

もちろん「出てんどう」という小学生ならではのギャグも大変センスが良いです。舐めたらあかん。

 

f:id:tarlate260:20180119023739j:plain

 

理科のテストでしょうか。

 

「ワープさせたりいろんなものを作ってくれる。悪い人が来るとかみつく」という性能を持った「はたらきハムスター」とは…!

これはもう一介の愛ハムスター家としては二重丸どころか五重丸くらいあげたくなります。マジで。w 涙すら出てくる。

 

しかしね、小学生くん、そんなハムスターは現実にはいないんだ……

ソースはうちのはたらきハムスター。

 

f:id:tarlate260:20180119024432j:plain

 

だいたい働く前に寝てしまうんです。ねこのほうがまだ働くと思う。

 

 

今回の小学生の珍回答はどれもこれも個人的には満点ばかりなのですが、私のように平凡な回答しかできなかった小学生時代を送っているとこの歳になってもIQテスト系はだいたいわからなくて答えをガバ見しまくりです。

 

www.iqiq.jp

 

よくある、「これが解けるとIQ150以上!」系のテストはだいたい制限時間いっぱいでも分からず、次の日に持ち越しても分からず、そして答えを見るとトンチンカンな方向に行っていた……なんていうパターン。

 

リアル脱出ゲームが趣味でたまに行くんですが、ここでも傾向のなかに似たような問題が出てくることがあり、IQの高めな友人などはガンガン解けて次々と進めているのですが…

まったく頭の出来っていうものは生まれつきなんだなあと思います。(努力放棄)

 

IQが高い人は常々高度な会話を求めていて、周囲に同レベルの人間がいた方が居心地が良いという話はよく聞きます。そういった人たちのためにメンサという組織があるのもご存知の通り。

 

mensa.jp

こちらは日本サイトですが、世界各国に支部組織があるようです。

IQが高い人同士のコミュニケーションの場といいますか、世界でも有数な頭脳を持った自分たちの可能性を広げるための議論や会話の場を構築し、チャリティーイベントやビジネスの場として使う人も多々いる団体です。

 

一般人でしかない私などから見ていると運上人がまさに、なんですが、加入にはIQ130を証明するテストをしなければなりません。

しかしこのIQ130という数字、果たして信ぴょう性があるのでしょうか――これを題材として書かれたブログの記事がとても興味深いのでじっくり読みしてしまいました。

 

lscharlie.exblog.jp

 

執筆者さん自身があらゆるテストでIQ140と認定された高IQ保持者。

メンサ資格になっているIQ130という数字に疑問を持ち、実際にメンサに加入して(本人曰く実験台)調査してみた結果、IQ130という数字はとても現実的だった、という結論に至ったようです。

 

現在の東大学生のIQが140とされている日本。小学生の珍回答もとい天才回答を見ていると、若い人ほどじゅうぶんに世界と張り合える高IQ保持者になれる環境が整いつつあるのかなと思っています。